head.jpg

2007年06月30日

ITが切り開く未来の社会とは

今日は城南支会のIT.経営研究会に参加してきました。オレユニさんも書いておりますが大変、刺激を受けてきました。研究会には「刺激を与える研究会」「刺激が与られる研究会」「知識を吸収する研究会」があります。本来、職業的には刺激を与える研究会であっていいはずなのですが、最近は刺激をもらうことが多くなってきました。「GIVEN」から「GIVE」へ転換しなければ。そのためには単に知識吸収型意識を捨て、事前準備情報提供型意識を持たなければなりません。弛んでいる証拠です。自己に「喝!」

さて、今回刺激を受けたネタは「セカンドライフ」と「インターネットは僕らを幸せにしたのか」です。

認知度急上昇のセカンドライフは文字通りネット上でもうひとつの自分の生活空間を持つことです。はまる人はハマるというから一度体験したいものです。実はセカンドライフの入り口までは行ったことがあるのですがタイミングが悪く引き返してしまいました。

何で仮想空間での体験がそんなに面白いのか、未体験の私にはよく分かりません。どうせ、瞬間的な流行ではないか、2ちゃんねるをさまようかのごとく時間の浪費につながるのではないか、変な詐欺行為が横行しているのではないか、等等漠たる不安がよぎるのですが、軽いノリで入場できないのはジェネレーションギャップかもしれませんね。

もしかすると、ストレス発散できるかもしれないし、お小遣い稼ぎができるかもしれないし、さらには現実社会では達成できないような自己実現ができるかもしれません。研究会もいっそのことセカンドライフで開催したら?という斬新なアイデアも出てきました。(となるとチャットリテラシは必要か?)700万人のアバター(住人)がいるといいます。日本人はその15%ほどらしいです。では、彷徨の旅に出てみましょうかね。

一方、ワクワク感のあるセカンドライフと対照的なテーゼを投げかけたのは「インターネットは僕らを幸せにしたのか?」です。およそ、世の中のありかた、森羅万象というものは「光と影」「山と谷」「禍と福」がセットで存在するものです。

・メールは便利だが簡単にモニタリングされる。
・グーグルは便利だが画一的断片的な情報に導かれてしまう。
・WEBの進化は民主主義を分断/崩壊させる。
・安全と引き換えの監視システム

「水清くして魚住まず」ではありませんが曖昧模糊としているほうが人間社会は住みやすいのでしょう。デジタル化され可視化された社会は「行き過ぎた社会」の危険性をはらんでいます。セカンドライフで僕らは幸せになるのでしょうか。まずは扉を開けてみないことには何も始まりません。


posted by orataki at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月27日

Yahooのページビュー

国内最大手ポータルサイト・ヤフー・ジャパンの5月のページビューが318億ページになり世界第1位になったそうです。単純計算すると国民ひとりひとりが毎日10ページヤフーを閲覧していることになります。

そういえばブラウザのデフォルトホームページはヤフーになっていることが多いです。インターネットエクスプローラを立ち上げると最初にヤフーが出てくるようになっている人は多いのではないでしょうか。職場でもヤフーのトップページは無造作に表示されていても違和感がないほどに検索ポータルの地位を確立しています。

お気に入りに入れられることは大切なことですが、一歩進んでデフォルト設定される意義は非常に大きなことです。このデフォルトに組み込まれる仕組がビジネスでは大きな収益をもたらします。

さて、502教室は診断士のポータルサイトとしてその地位を確立しつつありますが診断士ブログのページでこんさーる日記は一番左上にレイアウトされています。

人間が視線を移動するのは左上から右下というのが普通ですから左上というポジションは一番注目されアクセスされやすい位置なわけです。(netplusさんに感謝)本来ならサイト管理者に多額の場所代を支払わなくてはならないとこですがありがたいことです。

せっかく502のビバリーヒルズ的な場所にあるのに最近は更新をサボっているせいでアクセス数が伸びません。ヤフーの1000万分の1です。フランクリンプランナーにもブログ・ミッションをいれてがんばりたいと思います。
posted by orataki at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月25日

フランクリン・プランナーの導入手順

7月から本格的にフランクリンプランナーを活用していきます。フランクリン・プランナーは単なるシステム手帳とは違って明日からスケジュールを入れ込んでいけばそれでOKという代物ではありません。フランクリン・プランナーの導入手順は以下の4つのステップから成り立ちます。

【ステップ1】価値観の明確化
【ステップ2】目標の設定
【ステップ3】週間計画の設定
【ステップ4】日程計画の設定

これだけのステップをきちんと理解して設定していかないと宝の持ち腐れになってしまいます。今週中にステップ3までこなさなければなりません。今日は、まず「価値観の明確化」にとりかかりました。

「あなたは何に価値を置いて毎日過ごされていますか?」と聞かれてスラスラと回答できる人はそう多くないと思います。価値観というのはその場面その場面では意識できるものですが、予め計画として価値観を埋め込んでゆくことは容易ではありません。

ステップ1では最終的に価値観からミッションステートメントを導き出します。価値観に基づく自分の役割・行動を宣言するわけです。私はここで価値観のカテゴリを

1)個人(自分自身)
2)企業人
3)家庭人
4)診断士

に分けてみました。そして各カテゴリのコンテンツを

1)では「万全なる健康管理」「個人としてのコンプライアンス」
2)では「プロ意識の保持」
3)では「夫婦円満」
4)では「ネットワークの充実」

としました。さらにブレイクダウンして設定しましたがプライベートなことなのでここでは非公開ということで。明日はこの価値観を裏付ける自己の役割分担について考えてみたいと思います。
posted by orataki at 23:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

雨の鎌倉

LUMIX 100.jpg「袖触れ合うも他生の縁」と申しますが、そのような縁こそが本物の縁なのかもしれません。今日はそのような縁で知り合った診断士の方々と鎌倉散策を楽しみました。私を含め3人は奥様同伴でした。あいにくの雨模様でしたがアジサイの季節ということもあり、それはそれで風情がありました。

半日コースに絞って散策したのですが歳のせいか、足がパンパンに張ってしまって情けない限りです。こんなことで会員部主催の「マラソン入門」に参加できるのでしょうか。実はマラソンの幹事にもなってますので体を鍛えなおさなければと思います。ビリーズ・ブート・キャンプに入門しようかな。

LUMIX 103.jpg本日のランチ。ちょっと小洒落た店にはいったので値段は高め。休日の鎌倉は完全に売り手市場。
posted by orataki at 19:03| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中小企業診断士の仕事を知りたい人は・・

平成若者仕事図鑑「明日をつかめ」を見ました。若手女性診断士が出演するということでいくつかの診断士メーリングリストでこの情報が駆けめぐりました。私はといえば、何人かの友人にこの資格を知ってもらおうとメールしておきました。家族にも全員見るように号令をかけて一家上げての上映会となりました。

私の場合、コンサルはしていますが一般の中小企業診断士の方々とは違う仕事をしているので家族には父親の仕事がまだ理解できないようです。ただ、資格取得するのが難しいということは理解してくれたようです。(若干株が上がりました)

認知度の低いこの資格もテレビというメディアを通せば徐々に浸透していくことでしょう。診断士もコメンテーターやプロジェクトXのようなドキュメンタリーものにドンドン出演すれば好循環が生まれるのではないでしょうか。

ちなみに、今年の一次試験受験者は昨年より増加しているとのこと。このテレビで来年の受験者がさらに増えることを期待しています。
posted by orataki at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月23日

週末はペットネタ

s-s-P1020350.jpg週末はペットネタになってしまいます。ペット飼育の経験がない私にとって医療費が結構かかることは新たな発見でした。免疫力をつけるためのワクチン3回、フィラリアワクチンなどランニングコストは馬鹿になりません。我が家の人間の医療費よりかかると思います。これって、イニシャルコストだけ見てると失敗するプリンタの維持と同じですね。(インクに割高なコストがかぶってきます。)食費は1食10円と激安なんですけどね。

まあ、ペットをコストでみては可哀想なのでやめましょう。買うまでは計算高くなりますが、買ってからは原価意識はなくなり、金銭感覚はなくなっていきます。ペットのCSを考えるようになります。いかにしたら快適に生活してもらえるか。

今日は暑かったので大理石製のクールシートを買ってしまいました。
posted by orataki at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月22日

IT業界の3K

企業内診断士活性化懇話会に顔出ししてまいりました。テーマは「システム開発現場で何が起きているか」です。

そう、ドラマのセリフではないですが「事件は現場で起きている!」のです。システム開発の現場は業界外のひとには理解しづらい構図が広がっています。ときにはそれはアリ地獄絵図だったりします。

その昔、花形業界だったIT業界も今や3K業界と揶揄される始末。製造業の3Kとはちょっと違って

1)キツイ
2)給料安い
3)帰れない

という具合。「帰れない」というのは「定時に帰れない」という意味ではありませんよ。「家に帰れない」という意味です。SE連中の中には何日間同じパンツを履いていたか競ったりしているものもいます。

たしかに「帰れない業界」としての定着感がありますね。この原因を作っているのが「下請分業構造」と「短納期」と「膨らむ仕様」と「人月見積」です。

「苦労しても報われない業界(語弊覚悟)」のなかでもさらに「苦労しても報われないPM」を担当している講師のM氏の説明には説得力があります。

M氏の会社は集中砲火を浴びている社保庁のシステム開発を請け負っている所なので質疑応答もその流れに。

「何で年金がバラバラになるのか」「何で名寄せができないのか」等等。

あのね、随意契約の良し悪しは別議論にして「システムは悪くない」んですよね。ここを考え違いしている方が多い。入力や運用方法が悪いんですよ。

しかし、IT系のタイトルをつけると参加人数が激減する非IT系の代表格である当懇話会が今回多数の出席をいただいたことから診断士の若返りとITリテラシの浸透を感じました。

posted by orataki at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月21日

書評依頼

書籍のネット販売をしているクリエイジさんから書評の依頼を受けました。これが2回目です。クリエイジさんは書評を通して有識者に本を販売するニッチな会社です。読者のことを考えるとイージーな書評を書けないので回答を留保していました。

しかし、このようなお誘いはチャンスと捉えなくてはならないでしょう。依頼を受ければ否応なしに新刊書を読み購買意欲を掻き立てる感想文を書かなければなりません。最近、執筆力が落ちてきたと思っています。書かなければ書かない分だけ執筆力は落ちます。そして読書量も減ってゆくという負のスパイラルに巻き込まれてゆきます。

これを機会にキッチリとした文章を書くことを心がけたいと思います。さて、どの新刊書を攻略するか。。。。週末の宿題です。
posted by orataki at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

財務指標でみる中小鉄道業界

今日は財務管理研究会に顔を出しました。自分のイメージではもっとコジンマリした研究会だと思っていたのですが、新入会員の熱気でムンムンしておりました。

今日のテーマは「中小私鉄の財務分析」でした。複数の企業の財務指標を見比べることによってその企業の特徴が顕在化してきます。今回は4つの中小電鉄会社の比較だったのですが、そのひとつに地元の「江ノ島電気鉄道」があったので興味深く数字を拾うことができました。

人口縮小傾向の日本において乗客数の減少はどの会社においても共通の課題となっています。人気の江ノ電でさえも営業利益も経常利益も3年連続減少傾向にあります。休日の一過性の乗客数よりも平日の通勤通学に使ってくれるほうがありがたいということでしょう。

各社とも鉄道事業が全体に占める割合は50%以下で多角化経営をしているようです。江ノ電の場合、稼ぎ頭は電車でなくてバスです。また、百貨店を経営していたり、不動産経営をしたりして全体の収支バランスをとっている企業もあります。

中小私鉄にとってブルーオーシャンはあるのでしょうか。銚子電鉄は濡れせんべいで急場をしのいでいるという話は有名ですが、私には煎餅がブルーオーシャンとは思えません。(ブルーレイクくらいでしょうかね)財務諸表から厳しい現実が見えてきました。

鉄道業界も中小企業は規模のハンデを背負っており、大手に比べ従業員の年収も100-150万ほど低くなっています。地域に根ざした働き甲斐のある職場づくりが課題だと思います。

posted by orataki at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月17日

自然食バイキング

s-P1020352.jpg
はーべすと」でちょっとヘルシーなランチ。ここは自然食バイング。自然食をバイキングでたくさん食べると体に良いのか悪いのかちょっと考え込んでしまいます。でも、健康に気を使っている人が多いでしょうから、馬鹿喰いはしないでしょうね。なかなか面白いビジネスです。

すべて薄味で仕上げてあるので心地よい満腹感を味わえます。玄米ごはんは胃がもたれず、有機栽培のコーヒーもお茶のように何杯も飲むことが出来ます。
posted by orataki at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

紫陽花行列

s-P1020351.jpg
6月は明月院の紫陽花(アジサイ)見物で北鎌倉駅は大変混雑します。特に休日はこのありさま。線路に転落しないか他人事ながら心配です。
posted by orataki at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鎌検玉砕!

s-P1020353.jpg
鎌倉検定(通称・カマケン)を受験してきました。場所は鎌倉女子大。会場入口で鎌倉ケーブルテレビの記者から路上インタビューを受けました。

「絶対に合格します!」と熱く宣言したんですが。。。。続きを読む
posted by orataki at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月16日

イビサの工場見学会

経営品質を学んだことがある方なら大抵はご存知であろうイビサ(旧吉田オリジナル)。イビサは皮製バッグ製造一筋の企業で「真の顧客第一」を実践して1998年日本経営品質賞を受賞しています。イビサの製品は永久保証。このスピリッツが多くの顧客のハートを掴んでいます。

イビサはベンチマーキングされる企業として工場見学会を実施しています。受賞企業を訪問することは非常に価値があることですが、日程があわずに参加することができません。時間が取れる方、参加してみてはいかがでしょうか。(もう満員かもしれませんが)
posted by orataki at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月15日

久しぶりの平日研究会

久しぶりに平日の研究会に顔出しすることができました。マーケッティング研究会というところですが、基本的なマーケティングセンスをリマインドすることができました。資格取得後、もっぱらIT畑で生きてきましたので、とても新鮮な刺激を受けることができました。

今回のテーマは企業再生のマーケッティングについてです。ケーススタディ形式でしたので理解しやすかったですね。ドメイン・ブランド・アイデンティティ・セグメンテーション・AIDMA・コアコンピ・・・・・ ああ懐かしい。こんな言葉に囲まれて受験勉強したものです。もう一度、自分なりに整理する時期が来たような気がします。

自分のコアコンピを見つめなおして。
posted by orataki at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月14日

ナリキリで成長する

先日、久しぶりでBOSSと杯を交わすことができました。BOSSはコンサルタントの鏡として尊敬する人物のひとりです。もともとシステムエンジニアだったということですが30代半ばで営業に異動され苦労したそうです。

現在のコンサルティングスタイルの原型がこの営業時代に培われたということです。たしかに「コンサルタントは芸者だ。お座敷に声がかかってナンボの世界だ。」といわれるだけあって、 BOSSのコミュニケーション技術は見習うべきところがたくさんあります。

ただ、誰でもこのような変節を遂げることはできないようです。「SEから営業に変わって成功する人ってどれくらいいるんでしょう?」とたずねたところ、「10%くらいかな」という返事。多くの人は以前の自分を壊すことができないようです。

成功するためには、新たな役どころになりきることが大切でしょう。一時期、ナリキリメールなんていうのが流行りましたが、この従来の自分を忘れ「ナリキル」ことは自分を成長させるための重要な心得のような気がします。
posted by orataki at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月10日

WellCome! Chappy

s-P1020349.jpg
一期一会という言葉を座右の銘にしている方もいらっしゃるかと思います。この言葉は私も好きな言葉のひとつですが、犬との出会いも同じこと。この犬のアイコンタクト技術はプロコン顔負けです。今日、我が家の一員に加えました。家族の強い要望とこのアイコンタクトで決断してしまいました。とりあえず診断士・ITC活動などに影響を及ぼさないことを条件に家族で世話をしていくことになりました。

名前はChappy。親馬鹿ならぬ犬馬鹿な記事が多くなるかもしれませんがご容赦のほど。
posted by orataki at 18:47| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月09日

重要領域で生きる

frabklin.jpgミッション(Mission)とビジョン(Vision)とバリュー(Values)はどう違うのか。どのような関係になっているのか。これが先日のコンサルティング会議のイントロネタ。ミッションは自社の業界内におかれた位置付け。ビジョンは将来、自社がどうなっていたいかの「あるべき姿」。バリューは行動判断の基準となるよりどころ。だから、ミッションがあって、それに基づきビジョンがあって、バリューがあるわけです。

これは個人に落とし込んでも言えるわけで自分のポジションを認識し、どうなりたいかを決意し、自分の判断基準を決めます。ビジョンとバリューを逆にすると自己変革から一歩後退してしまうのではないでしょうか。

自分に置き換えてみると、忙しさのあまり、自分のミッションもビジョンもバリューすらも見失っているような気がしてきました。そんなとき、紹介されたのがフランクリン・プランナー。ご存知の方も多いでしょう。(JQA研修のとき同じ班だった営業部長さんから教えられました。)フランクリン・プランナーは自分の価値観を明確にし、重要領域で生きるための羅針盤になってくれるはずです。

重要領域で生きることとは何か。

重要でないが緊急性がある(と錯覚する)ジョブを減らし、重要であるが緊急性が少ない(後回しにされがちな)ジョブを増やすことであるともいえます。今、真に重要なことは何か。アナログで無骨な手帳が解答を出してくれることを期待して始めたいと思います。
posted by orataki at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月03日

今年の会員部はチョットと違う

昨日は診断士の所属支会会員部の例会に参加してきました。会員部というところが行なうことは大きく分けて会員増強事業と厚生事業とがあります。会員のネットワーク拡大のための親睦をどのようなイベントで盛り上げるかというのが大きなテーマです。いままで、協会に登録はしているけれど活動されていないスリーピング診断士をどう活性化させるか。どうしたらイベントに多くの方が参加していただけるか知恵を絞りました。

その方策のひとつは初心者をターゲットにするというもの。たとえば支部の同好会にマラソン同好会というのがありますが、これが結構人気で30名近くの登録があるそうです。東京国際マラソンの影響もあってマラソンは密かなブームのようです。

しかし、いきなり走るには抵抗があったり、上級者といっしょに走ると迷惑になるという思いから躊躇している人も多いのではないでしょうか。(私もそのひとりです)そこで、競争するのではなく初心者も楽しく参加できるというような企画コンセプトに変えてしまえばもっと多くの方が参加できそうです。

今年は囲碁将棋大会をやめて囲碁将棋祭りにしたり、みんなで楽しく走るイベントを入れたりと趣向を変えていきます。一泊旅行も単に温泉旅行にするのではなく、農業もコンサルしてしまおうという勢いで農園体験旅行なども企画していく予定です。

いろいろなアイデアは企画するメンバーをシャッフルすることろから始まるんだなと感じました。
posted by orataki at 16:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。