head.jpg

2007年07月31日

天はVISTAに味方した

昨日、一昨日とものすごい雷が落ちました。雷鳴時間も雷鳴の大きさも過去最大。我が家に落ちるのではないかと思ったくらいでした。子供の頃、ピカっと光ったら時計を見て音が鳴るまでの秒数を数えて340を掛け算して、どれくらい離れたところに雷が落ちたか計算したものです。

今回は1,2秒でしたからかなり近かったはずです。半分、夏の風物詩として眺めていたのが失敗でした。家には落雷しませんでしたが、ネットワーク環境が破壊されました。ケーブルテレビのモデム、ルーター、PCのLANカードが全部イカレてしまいました。(幸いノートPCは接続していなかったので無事でした)

「紺屋の白袴」とはこのことで、いつもリスクマネジメント云々言っている割には自分のことが出来ていません。雷が鳴った瞬間、LANケーブルは抜いておくべきなんですね。いつも、ウイルス対策と予備のPC、予備のメーラーには配慮してネット接続の継続性を確保していたつもりなんですが、モデムを直撃されたのでは打つ手がありません。プロバイダーの救援を待つしかありませんでした。

帰りにルーターを買ってきて、一応接続環境は復旧しましたがLANカードがやられたPCは買い換えようかと思っています。ちょうど、VISTAも試してみたい気になっていましたし。。。天はVISTAに味方したみたいですね。
posted by orataki at 23:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月29日

ITアンケート50回記念

昨日はIT.経営研究会に参加しました。嬉しいことにITアンケートは2勝1敗。

1.フェムトセル(ソフトバンクが実験中の室内アンテナ)
2.ブレードサーバー(1枚の基板に必要な要素を実装し、必要な枚数を接続して構成するサーバー)
3.フォレンジック(セキュリティ用追跡ツール)

1.フェムトセルは初耳でした。時代を先取りする意味からもこのようなキーワードクイズは重要です。今回は記念すべき50回目ということで、過去のキーワード・バズワード(死語)が紹介されました。

ベンダーが無理をして仕掛けたようなキーワードは死語になる確率が高そうです。「データウェアハウス」なんていうのは現役バリバリのロングセラーですね。この言葉も出はじめたときは「何の家?」などととぼけた質問をするような人もいました。

今回の研究会で一番ためになった情報は「ブートキャンプは1週間もたないゾ」という怖い情報(研究とは何も関係ありませんが。。)です。「仕事に差し障るよ〜」という脅しも。でも、負けませんヨ。
posted by orataki at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月28日

後手という生き方

過去の生き方にとらわれない、否とらわれては生き残れない変革の時代に我々は生きています。このような時代にあって、ずっと勝者の道を順風満帆に歩み続けられる人はそう多くないでしょう。誰もが経験するであろう「失敗」「敗北」「挫折」・・・・ 今の世に敗者復活の道はあるのでしょうか。この本を読み「敗者復活のストーリー」はどこかに用意されているものではなくて、自分自身で切り開いていくものだと教えられました。

著者の瀬川晶司氏は2005年に61年ぶりに実施された将棋のプロ編入試験に見事合格して36歳にしてプロデビューを果たしたサラリーマン。

日本将棋連盟の従来の規定だと26歳までに奨励会(プロの養成機関のようなもの)からプロに昇進しないとプロへの道は閉ざされてしまいます。この年齢制限は、その年齢以降もプロに挑戦し続けて人生を棒に振ってしまわないようにという、ある意味親心から出てきたものです。しかし、生き方も働き方も多種多様な現代において、この制度はもう時代にそぐわなくなってきてしまいました。

かといって錆びた重い扉はそう簡単に開かれたわけではありません。伝統・仕来たりを変えてゆくには受身であってはなりません。「何歳になってもプロ棋士になりたい」という熱い想いが周囲の人々を動かし将棋連盟までをも動かしたのです。まさに「想いがあれば夢を叶う」のです。

後手をひいてしまった方には、瀬川氏が語った「努力は裏切らない」という古くて新しい言葉を捧げたいと思います。
posted by orataki at 07:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月27日

ブートキャンプに入隊決定

体重計に乗ってみて愕然。かなりオーバーしてます。多分、1週間旅行してグルマン生活を送ったつけが回ってきたのでしょう。そこでまたシェイプアップツールを模索しましたが、やっぱりビリーしかないでしょう。仲間のブログに刺激されたせいもありますがマーケティングにうまく乗せられた部分もあります。

・たった一週間で
・燃やし尽くせ!
・キャッシュバック


惹かれるキーワードがいっぱい。なんといってもあのエクササイズがカッコイイ。さっそく入隊を決定。家族も応援してくれます。というかみんなでやろうということになり、TVの前で4人がエクササイズする光景はミニキャンプのようになるはず。8月キャンプインです。
posted by orataki at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月22日

旅のアルバム整理

この土日で海外旅行の整理をしました。

暇な人、これからニューカレドニアにこれから旅行しようという人は別ブログを立てましたのでご参照ください。

今週から仕事モードに切り替えます。
posted by orataki at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月21日

チャイナ・フリー

中国産が危ないということでチャイナフリー(中国産を含んでいない)という表示をする動きが米国ではあります。何しろペットフードでペットが死んでしまう事例もあると聞くと心穏やかではありません。ウチの愛犬にもペットフードを与えていますが商品の表示を見てやはり中国産は敬遠してしまいます。差別といわれようが何と言われようとも「君子危うきに近寄らず」です。露骨なチャイナフリーではないにせよ、各社は暗黙の表示をしています。

「国内産」

とフォントを大きくしての表示や中国で作っているけれど国内の設備で国内の管理方式で作っていますと言い訳がましい説明をつけたりしています。中国の安全に対する姿勢を正すよう見守らねばなりませんが私たち自身も大いに反省すべきものがあると思います。

食の安心は自分で作り出すことです。平ったくいうともう少し、自分で素材を選び、自分で作ることをしたらどうかということです。社会的分業も過度に進むといろいろな弊害がでてくるものです。
posted by orataki at 23:55| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月14日

ニューカレドニアの主力産業

LUMIX 117.jpgニューカレドニアに単なる遊びで行くのではなく研究テーマを意識していきました。ニューカレドニアの主力産業について勉強してきました。円安のせいもありますが物価は非常に高いです。およそ日本の1.5倍の物価です。われわれは「どこの店が美味しいか」というより「どこの店が安いか」という情報交換をしていました。

土産物店は少なく休日は飲食店を含め皆閉店となります。流しのタクシーはなく、交通も不便です。個人旅行をしようとすると、欠航や乗り継ぎなどに泣かされるはずです。

この国はニッケルの採掘で潤いました。それゆえ、素晴らしい自然があるにもかかわらず観光産業に依存していません。せっかく日本人がたくさんの外貨を落とそうとしているのにサービス産業はパっとしません。もったいない話です。

思うに、たわわに実る果実を簡単に入手できる環境と歴史が手間隙かかる農作物を作ることを忘れさせてしまったのでしょう。それゆえ果実は安く、野菜は高いです。ニッケルの採掘はどちらかというと手間隙かける仕事ではありません。ニッケルがさらに住民からテクニカルマインドを奪ってしまったといってもいいでしょう。

しかし、近年政府は産業の多角化を模索し始めたようです。ニューカレドニアのニッケルは高品質ですがそれゆえに値が張ります。最近、ロシアや中国の低廉なニッケルに押されて販売は思うに任せないようです。

おまけに労働者保護の観点から2年以上働いているニッケル工場の労働者は解雇されることなく、固定化されており就労の受け皿が不足してきている背景があります。ニッケル単一産業に依存するようでは将来が不安です。

サービス産業、特に観光事業に力を入れて欲しいものです。サービスについてのコンサルティングが求められれば南の島で活躍する診断士も増えてくるんじゃないでしょうか。

ちなみに、写真は地元のスーパーストアです。
posted by orataki at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月13日

テニア島

LUMIX 212.jpg
ついに南の無人島にやってきました。まさに松田聖子の「青い珊瑚礁」の世界が広がってきます。今回のツアーのいちばんのハイライトは無人島でのスキンダイビングです。万華鏡のように色とりどりの魚たちを見ていると天国を実感できます。

LUMIX01.jpg

スキンダイビングの次にやってみたかったことは「昼寝」です。海中散歩で疲れた体を木陰に横たえていると心地よい眠りが訪れます。最高です。

LUMIX 188.jpg高速ボートで珊瑚礁を周遊します。今回はイルカウォチングもできました。


posted by orataki at 23:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月12日

クルーザーも島も貸切る

LUMIX 139.jpg
大型クルーザーを貸切ってアメデ島という無人島に向かいます。なんと、アメデ島も貸切っちゃいました。

LUMIX 145.jpg
灯台島とも言われるアメデ島に上陸です。貸切のいいところは持ち物が盗難にあうことがまずないこと。荷物を浜辺に放置してスキンダイビングをしても全然OKです。開放感がさらにアップ゚します。
posted by orataki at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月11日

天国にいちばん近い島に到着

LUMIX 113.jpg
時差2時間、飛行時間8時間をかけてニューカレドニアに到着しました。森村桂の天国にいちばん近い島で有名ですね。正確に言うと天国にいちばん近い島は離島のウベア島なので「天国にいちばん近い島」の近くの島に到着したわけです。

現地の季節は冬なのですが、どう見ても「夏」ですね。朝夕は涼しく、日中はカラっと暑くなります。紫外線は日本の3倍。下手をすると帰るころには肌はボロボロになるかも。

LUMIX 263.jpg生まれて初めて5つ星ホテルに泊まりました。ここを基点にして天国ライフを満喫しようと思います。
posted by orataki at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月10日

将元のランチ

♪ここからは海外旅行のため過去ログとなります♪

今日からニューカレドニアに出発です。夕方からのフライトなのでランチは地元の人気店に行ってきました。しばらく日本食が食べられませんからね。その店は「将元」(よしもとと読みます)。平日でないとなかなか食べることができないほどの人気です。その理由は値段の安さ(¥735)と自然志向の食材にあります。

メニューなるものはなくランチはお任せ定食のみです。30種類もの野菜が凝った茶碗に盛られているのがウリ。でも丁寧に数えたら野菜は15種類くらいしかなかったけどなぁ。数え方が悪かったのか??形にならないで汁になったものがあるのかもしれません。

味付けは少し甘めでどの小皿も同じような味付けになっているところがちょいと不満ではありますが個人の好みというところでしょうか。

素材に比例して接客サービスもきわめてシンプルでした。


posted by orataki at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

人間いたるところに青山あり

「人間いたるところに青山あり」という言葉があります。本来、この言葉は”死に場所”はどこでもあるのだから故郷を出て大いに活躍しなさいという意味。私はこの言葉に自分なりの解釈を加えて座右の銘のひとつとしています。

「人間はいつ死ぬか分からない。どこで死んでもいいように悔いのない日々を過ごそう。」というものです。臆病な私は海外旅行するときはこの想いにかられます。

昨日は恒例の「プロポーズ記念日」でした。行事とぶつかったので延期も考えたのですが太平洋の藻屑に消え客死した場合のことを考えると悔いが残るだろうなぁと考え、遅いディナーを妻と楽しんでまいりました。(21:00過ぎに入店すると激安になる高級ディナー企画が多いことも発見)

私の嫌いな街でのイベントでしたがたまには喧騒を離れたホテルでの食事もいいもんです。
posted by orataki at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月07日

南の島で海外研修をします

来週から1週間「天国にいちばん近い島」に研修に行ってまいります。
「そんなところに何を研修しにいくんだ??」といわれそうですが、グローバルな視点で温暖化など地球環境の変化がもたらす影響を調査・体験するというものです。また南太平洋における物流形態がどのようなものか視察するためです。。。。なんちって。
勿論、研修というのは対外的な言い訳です。中身は、まあ、慰安旅行というところでしょうか。

そんなわけで、プロジェクトを一時抜け出すことになるわけで「あとはよろしく!!」というわけにもいかず、コンサル仲間に代行を頼んで行く事にしました。たった一週間の代行であっても「引継ぎ」は大事です。プロジェクトを引き継ぐポイントは

・全体的な観点からの進捗状況はどうか
・現在の課題点と解決優先順位は何か
・メンバーの局面別の役割はどうなっているか
・代行期間の目標と計画はどうか
・引き戻すときの必要な情報は何か

といったところでしょうか。「体制」「計画」「課題」は引継ぎのキーワードです。
posted by orataki at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月06日

引継ぎ

診断協会東京支部発行のeニュースが6月いっぱいで休刊になりました。メンバーの入れ替え、本部との連携、HPリニューアルなど理由はいろいろあります。今まで後ろでシステムを支えてきましたが私もお役御免となりました。これで一区切りです。

担当しているときは「あー、めんどくさい。やってられないなー」という思いもしばしば。でも、離れてみると不完全燃焼感と引継ぎの不安感が残ります。「もうちょっと、リキ入れてやっとけば良かったかな?」とも思います。

システムというのは前面刷新するといっても再構築するまでの暫定対策というものが非常に重要になります。特に止まることが許されないシステムならなおさらのこと。スムーズな引継ぎというのは簡単そうに見えて簡単ではありません。「しくみ」より「意図」を伝えなければならないからです。

さて、コンサルのほうでも一時的な引継ぎ作業をしなくてはならないことになりました。その理由は明日のエントリーで。



posted by orataki at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月04日

大阪にまた来ました

SN330051.jpg関西は蒸し暑い。大阪のビジネスホテルからのエントリーです。明日に備えてホテルで資料の準備。と思ったらテレビではウィンブルドン女子の中継をやってました。(録画のようですが)シャラポワVSウィリアムズの一戦。今日のシャラポワは精彩を欠いていました。あきらめも早い。「投げたらあかんで、シャラポワはん」資料準備は日付変更線が変わってからにします。明日はどっか飲みにいかなくちゃ。
posted by orataki at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月01日

健康維持のために何をするか

フランクリン・プランナーでは全方位的なミッションを書かせられます。今週、健康維持のために何をするのか。自分なりに「ジョギングをする」と書きます。するとPKI(指標)として何を目標とするか考えます。「とりあえず、海岸までの往復を毎週行なう」と書かざるを得ない状況になります。

自問自答で書くわけですが、そうなると実践しないわけにはいかなくなるので今晩走ってまいりました。あいにく途中から雨が降り出してズブ濡れに。最近、ジョギングをやっていないのでバテバテでした。自らを律するということはたいへんなことですね。

・体力の衰えを教えてくれたフランクリンプランナーに感謝
・まだ完走できた自分の体力に感謝
・火照った体を冷やしてくれた雨に感謝
posted by orataki at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。