head.jpg

2007年09月30日

出国までのひととき

P1020774.jpg
今日から海外研修。生まれて初めてアジアの地を踏むことになります。私にとってはアジアは近くて遠い存在だったんですよね。

空港の出国審査を終えると出発までの小一時間の暇つぶしに困ります。免税店を見てもタバコを吸うわけでもなければ香水をつけるわけでもない。ましてや甘ったるい香りのパヒュームを贈呈するような女性がいるわけでもない。

書籍コーナーに行っても娯楽系・雑誌系が多く読みたい専門書が置いてあるわけでもない。と思っていたらYahooが無料インターネットコーナーを設置していたので出国前のブログアップでもしてみようという気になりました。

これで時間潰しができました。施設を利用するときメールアドレスなど無駄な情報を記入させられなかったのが嬉しかった。スパムメールはもうたくさんですから。Yahooに対する好感度はアップしました。

何でもかんでも顧客の懐に立ち入って余計な情報サービスをしてくるより、サービスを提供しつつ、そっと陰で見守る姿勢のほうがいい時だってあるんです。
posted by orataki at 15:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月29日

高度成長期にはいった中国経済と環境汚染の実態の探査

明日から海外研修です。ニューカレドニアに続く海外研修第二弾です。

研修テーマは「高度成長期にはいった中国経済と環境汚染の実態の探査」です。まず、市内の乗り物を乗り回して日本との物価比較をします。そして、環境汚染の実態を探るべく、危険を省みず旬の上海蟹を食べてこようと思います。

単なる物見遊山じゃないかって? ちゃんとスーパー・コンビニの棚割りや客動線をチェックしてきますよ。
posted by orataki at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月28日

慰留

プロジェクト活動最終日。最後の挨拶回りをしようと思っていた矢先、クライアントのトップから「待った」がかかりました。次フェーズのプロジェクトへの橋渡しをしてほしいという要請でした。私も組織力学の中で動いている者なので即答はできません。

しかしながら、クライアントはコンサルの力を借りずともプロジェクトを自分たちで動かさなければならない時期に来ていると思います。

「システムを通じて組織を強くする」この狙いもあったのですが組織は強くなっていない。「一度、自力でやってみんしゃい」と申し上げたい。それがクライアントのためになることです。

でも、気持ちはありがたいですね。報酬に跳ね返ってくれるともっとありがたい。継続するかどうか・・・悩ましい問題です。
posted by orataki at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月26日

しゃんしゃんしゃん、でいいのか?

プロジェクト総括のプレゼンテーションが終わりました。やる気を失わせず苦言を呈するという難しいトークが求められましたが、なんとか無事終了。トップの方からはねぎらいの言葉をいただきました。

言葉ひとつで報われるというプロ診断士の方の気持ちがわかる気がします。始めよければ終わりよし。終わりよければ全てよし。自己評価でいうなら80点くらいでしょうか。まだまだ自分自身に足りないものを感じます。

「そつはないが色もない」

そんな感じでしょうか。難しい表現かもしれませんが、もう少しアクがあってもよいのかもしれません。艶っぽいコンサルタントになる。これが次の目標となりそうです。

プレゼンが終わったときは感じなかったのですが帰宅して連れ合いに肩を揉んでもらったらコチコチになっていました。肩の筋肉はプレゼンの裏側を知っていたようです。
posted by orataki at 23:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月24日

逆ベンチマーク

ベンチマークというのは本来、水準・基準という意味です。ソフトウェアの評価などに使われることが目的だったようですが、最近では拡大解釈して基準となるところと比較して業務改善を図るという企業経営手法に組み入れられています。ベンチマーク分析という呼び方もあるようです。

ベンチマークするといえば、自分より優れたものを対象に目標を決め数値的ギャップを埋めてゆこうとする動きになりますが、その逆もあるのではないかなと思っています。

コンサルの仕事をやっていても順風満帆な場面ばかりあるわけではありません。追い詰められたり、思いっきり凹まされることもあるわけです。しかし、仕事を投げ出すわけにはいかないので、うまく対応するための「心の整理」が必要になります。

このようなとき、自分を卑下する前に自分より何らかの部分で劣っている人を見つけ逆ベンチマークするのです。「こういう観点で見ると私のほうが数ポイント上だな」とか「あいつが一週間かかる仕事は自分なら2日もあれば十分」というように考えます。(勿論、頭の中だけの思考です)

対象となった方には申し訳ないですが、これで自分が助かったような気分になりますし、自信を回復する糸口になります。また、その方には単なる文句をいうのではなく、「こうしたらよくなるよ」と助言できるようになります。

一種の自己暗示のようなものです。常に自分がベンチマークすべき人を想定しておくと同時に逆ベンチマークする人も想定しておくと良いかもしれません。それから、自分が逆ベンチマークされないように気をつけなければいけませんね。

posted by orataki at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月22日

VISTA・・・重い

欣喜躍雀として導入したVISTA。ところがどうも調子がよろしくない。ネットに繋がりにくいのです。家族からはブーイングを受けています。原因は良く分かりません。もともとVISTAのマニュアルなんぞはこれっぽっちも読んでおりませんので。(読んでもわからないと思う)

考えられるのは
1.プロバイダーの回線速度自体が遅い
2.メモリなどスペック不足
3.VISTAの何らかのお邪魔な機能
4.ウィルスソフトなど裏側で動いているソフトの影響
こんなところでしょうか。

問題を切り分けるために一家に二台以上パソコンは必要ですね。Win2000とWin98がネットに繋がっていますが(WinXPは落雷でスタンドアロン専用機に)Win2000ではサクサク。Win98は論外なので速度比較の対象にはしません。ということは回線ではない。メモリは1GBで十分とはいえないまでも何とか基礎スペックはクリアしているのではないでしょうか。

となると、VISTAかマカフィーかですね。なぜかマカフィーが初期インストールされてますが、これが結構いろいろな部分を徘徊しているフシがあります。これを腰をすえて追求している余裕は今ないのですがなんとかしないとなぁ。

何か情報あるかたは教えてください。m(__)m
posted by orataki at 17:20| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

最初に褒めるか最後に褒めるか

プロジェクト総括の資料づくりで終日過ごしましたが、やっと書き上げることができました。プロジェクトのフェーズはいくつかの局面に分かれます。ITCガイドラインの基本にそっておさらいしておきます。

1.経営戦略策定フェーズ(いわゆる企画構想段階です)
2.情報化企画フェーズ(システムデザインを描きます)
3.情報化資源調達フェーズ(ベンダーを選定します)
4.開発・テスト・導入フェーズ
5.運用デリバリーフェーズ

名前は違ってもエッセンスは同じ。各局面の中でうまくいったこと、反省すべきことをマッピングしてゆきます。(ガントチャート上にマッピングしたほうがベターかな)さらに、反省すべきことはどのように反省すべきか方向性を提示します。これを2−3枚の絵にまとめることが私の提供する付加価値になります。

付加価値の源泉は「軸」と「セグメント」です。何を軸にするかがポイントになります。その軸は当然、企画構想段階で絞られた目的に沿ったものでなければなりません。これをはずすとピンボケ写真になってしまいます。

セグメントは軸に沿ってどう分類するかです。運用でカバーするものなのか、システムで対応するものなのか営業部門の活動なのか企画部門の活動なのか、物流部門の活動なのかといった切り分けをするわけです。セグメントするスキルはとても大事で、コンサルが一番ブラッシュアップしなければいけない分野だと思っています。

さて、評価として良い点・悪い点両方あるのですが(無理にでも両方見つけなければいけません)どちらを先に発表すればよいか悩みました。私は通常悪い点を先に指摘しておいて、最後に良いところを褒めるというパターンをとることが多かったのですが、今回は逆にしてみようと思っています。

今回の総括は次のプロジェクトへの布石でもあるからです。最後に褒めてシャンシャンとエンディングにするより、最後に辛口のコメントを残しつつ次への心構えを持ってほしいと考えたからです。一歩間違うとボコボコにされそうで怖いのですが気合いを入れて望めば「吉」と出ると読んでいます。最後まで試練は続きそうです。
posted by orataki at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月15日

中村桃子?知らなかった

城南支会の囲碁将棋祭りに参加してきました。熱海でゲップが出るほど将棋を指してきたのですが翌日も飽きずに指しています。今まで「この世に真に面白いことがあるとすればそれはスキーと将棋であると頑なに信じておりました。しかし、スキーは体力の限界から引退。まだ将棋は残っています。将棋は三途の川まで道連れにしようかと思っています。

将棋が強くなるには左脳と右脳のバランスが大事でロジカルに数手先まで読みこなす左脳と瞬間的に局面を判断してビジョン(いわゆる大局観)を決める右脳がコンビネーションよく活動しないと勝利できません。

コンサルティングも似たようなところがあり、ロジカルシンキングする左脳と人間関係をうまく構築し円滑化させる右脳がハーモナイズしていないとよいコンサルティングができません。左脳だけだと「頭でっかち」「能書きだけ」と批判され、右脳だけだと「胡散臭い」「口先だけ」と批判されます。まあ、どちらにしても難しい世界ではあります。

さて、懇親会会場での酒の肴は「どうやったら多くの診断士の方々に懇親の場として囲碁将棋祭りに参加してもらえるか」という話題でした。初心者も含めて診断士で囲碁将棋を嗜む人はまだまだいるはずというのが前提の議論です。

米長邦雄をゲストに呼んで「泥沼流経営術」みたいな講演をしてもらったらどうか。いやいや、謝礼金の桁が違いそう。ではその師弟関係にある女流棋士を呼んで指導対局兼記念撮影会はどうか。ルックスだったら誰がいいかな。だったらモモちゃんこと中村桃子はどう?(私、今日まで彼女の存在を知りませんでした。)などなど、議論はつきません。

だいたい、女流棋士の派遣相場ってどれくらいなんでしょうか。診断士の標準報酬よりは高いような気がするんですがね。いずれにしても何らかのコネがないと進みそうにはない話題でした。
posted by orataki at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月14日

熱海界隈

P1020773.jpg
久しぶりに熱海に行ってきました。仕事ではなく、骨休め。最近、骨休めが多いじゃないかといわれそうですが、これもひとつの区切りのうち。明日への活力は休養と美味しいものを食べること。と勝手に考えています。

最近の熱海のことはよくわからないのですが「衰退」「斜陽」といわれていた時期から脱皮したような雰囲気を感じました。電車から降りると、駅前で旅館ののぼりを持って出向かえる番頭さんの姿はやはり温泉街にきたな〜、という気持ちにさせてくれます。駅前のみやげ物商店街も元気そうでした。

さて、ホテルにつくとコンサル的ウォッチングが始まります。まず、ウェルカムドリンクのサービス。このようなサービスがあることは一歩進んではいるのですが、なぜウェルカムドリンクがサービスされるのでしょうか。

お客様に一服していただくことがサービスであると考えるのが普通ですが、ほんとうのサービスを提供するならば、サービスするときにお客様をウォッチングして、お客様がどのようなコンセプトでこのホテルを利用しているのか、つまりどのようなサービスを求めてやってきているのかを鋭く観察しなければなりません。

ところがそのような感じがしませんでした。ただ無料ドリンクを配布しているだけという感覚。もうちょっと突っ込んでほしかったなぁ。そして次に感じたのが館内設備。この手の老舗温泉街によく見られる老朽化した備品。薄汚れたシートに身を沈めてリラックスはできないですね。金はかけなくても小奇麗さを失ってはいけません。

高度成長にあわせて身の丈を重厚長大化させていったこのホテルもその固定資産の負担は相当なものだと思います。その態様はかつて巨像といわれたIBMを彷彿とさせるものがありますが、軌跡のV字回復をさせるにはサービスのパラダイムシフトが必要なんじゃないかなぁと感じました。
posted by orataki at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

やっぱ、やーめた!



衝撃的なニュースが飛び込んできました。阿部首相が辞任しましたね。およそ、それなりの人の行動には賛否両論があるものですが、今回は誰も賛成しなかったみたいです。それだけに不可思議な決断でした。

今回の事件をコンサル的視点で眺めてみると、ふたつのことが思い浮かびます。ひとつは整合性がないと人はついてこないということです。

どんな方向性であろうとひとつひとつ、言ってることとやっていることがが整合していないと信用を失います。コンサルも昨日言ったことと今日言ったことが整合していなければダメコンサルの烙印を押されます。

もうひとつは「それでうまくいくのか」と問うてみることです。(これはBOSSからの受け売り)うまくいくシナリオを描けないなら、それは決断でもなんでもなく単なる思い付きなのです。そして思考停止なのです。

阿部さんは何らかの思考停止状態に陥ったのでしょうね。似たような経験をプロジェクトでしているので同情はいたしますが。。。。
posted by orataki at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月11日

笑顔で生きんしゃい

egao.jpg「笑顔で生きんしゃい」を読みました。これはB&Bの島田洋七氏の佐賀のがばいばあちゃんシリーズ第二弾です。経営関係の本ばかり読んでいるとこのような「箸休め」が読みたくなります。


貧乏のどん底でも笑顔を忘れないがばいばあちゃんから教えられることが多々あります。とくに琴線に触れた言葉は「人に気づかれないのが本当のやさしさ、本当の親切」です。

これって結構難しいです。知らず知らずのうちに「感謝されたい自分」がいることに気付きます。電車で席を譲ろうとするなら声をかけるのではなく無言で降りるふりをすればいいのですがそのようにはできません。もうひとつは「人生は総合力だ」です。

小学校時代、通信簿で1や2ばっかりの著者に対してばあちゃんは「問題無かよ。足せば5になる。人間は総合力だよ。」と励まします。そうです、ひとつひとつが評点が低いなら足してしまえばいいんです。がばいばあちゃんこそプラス思考の名人といってよいでしょう。

人生訓満載で★★★★☆ です。
posted by orataki at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月10日

これは新しいタイプのコンサル本だ!

senryakupro.jpg戦略プロフェッショナルという本を読みました。著者の三枝匡氏はボストン・コンサルティング・グループの日本国内で現地採用された日本人コンサルタント第一号です。それだけでもめまいがしそうですが、本の内容を読んでさらにクラクラしてきました。「実に面白い」というのが率直な感想です。従来コンサルティングの本は、そのノウハウを事例とともに紹介したり抽象的な学問書だったりで、ストーリー性もリアリティにも欠けたものがほとんどでした。

本書はほとんどの設定を現実に即した物語の形式で紹介しており、その都度利用したコンサルティング技法や戦略の考え方を「戦略ノート」として惜しみなく披露しています。その道の第一人者が実話に基づき書き下ろしたわけですから面白くないわけがないです。

物語は主人公の広川洋一が出向先の医薬品メーカーで営業戦略を打ちたて新製品を拡販していく過程が描かれています。競合他社との優位性、ビジネスパートナーとの連携、戦略的販売目標の立て方、プロダクトライフサイクルによる販売タイミング、営業部隊のモチベーションアップと人心掌握術、など実践的なストーリーが展開されていきます。

知識があるだけ、頭がキレるだけではダメ。そこにパッションがなければ結実しないということが理解できます。読み終わったあと、何か自分も熱い闘いをしてみたくなるような一冊でした。

posted by orataki at 22:09| Comment(2) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月09日

組閣人事

やっと先週のIT.経営研究会のまとめができたのでUPしておきます。昨今、内閣の人事問題がにぎやかなので、今回から遊び心で「気になるIT記事」の担当者を内閣人事になぞらえてみました。

ちなみに現在以下のようなポストを創設しました。

・ITKA総理大臣
・官房長官
・環境大臣
・情報技術大臣
・色モノ担当大臣
・セカンドライフ担当大臣
・ケミカル・サイエンス担当大臣

今の内閣と同じでフレキシブルに変わっていきます。

各担当の発表内容は以下の通り続きを読む
posted by orataki at 10:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月08日

話は脱線気味のほうが面白い

今年のITCの知識ポイントはまだゼロ。年末にあたふたしないために、まず第一弾のセミナーを受講してきました。テーマは大きく分けてWeb2.0関連とリスクマネジメント関連でした。Web2.0は実態が曖昧なまま言葉が先行した傾向があり、受講してもスッキリしないのではと危惧していましたが、なかなか面白い内容でした。

最初、OSI参照モデルの話が出たときは爆睡者が続出し、どうなることかと心配していましたが後半になるにつれて実演をまじえた内容も冴えて満足度もアップしてきました。話は脱線気味のほうが面白いですね。ためになる基本的内容もいくつか教えていただきました。

さてそこで問題です。「インターネット」を一言で説明してみてください。答えられますか? 回答は・・・続きを読む
posted by orataki at 20:50| Comment(7) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月07日

会員マイページ

診断協会本部のHPがリニューアルされましたね。さっそくサイトマップをチェック。今までのものとは違いずいぶんユーザーフレンドリーになっていますね。マイページがこのHPのキモでしょうね。

ただ、まだプロセス系が弱いので強化してほしいですね。更新研修はウェブから申し込みができませんし、費用の振込みができません。あの糊付けして郵送する方法は何とかならないでしょうかね。ちょっと前近代的です。

PS:これは東京支部の話でしたね。他の支部は申込の方法はどうなっているのかわかりませんが。。神奈川などはネット申込ができるようです。人数が少ないから逆に可能だという側面はあると思います。
posted by orataki at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月06日

ビッグ・マックが半額に

日本マクドナルドがCO2削減のキャンペーンに協賛しています。以前、こんさーる日記でも取り上げたチャレンジ宣言カードを印刷してもっていくとビッグマックがなんと半額になるそうです。

もちろん、宣言を実践しているかどうかのチェックもありませんし、本人のものかどうかなんてチェックもありません。ただ、キャンペーンのの認知度を上げるためですから友達のを借りてもいいわけですし、何回も使いまわしてもいいのです。地球環境を考える人が一人でも増えればそれでよし。

このビッグマック半額の反響は結構あると思います。このサイトにも問い合わせがありましたし、チームマイナス6%のサイトが混雑でアクセスしにくくなっているからです。皆さん、そんなにハンバーガー食べたいですかねぇ。私はビッグマックが半額になっても食べにいきません。
地球環境にやさしいかもしれないけど、カロリー過多で体の健康にやさしくないと思うからです。

このようなキャンペーンに協力しようとするなら金銭的なインセンティブもいいですがもっと地に足をつけた協賛の仕方をしてほしいですね。全面禁煙にするとか、ドライブスルーをやめるとか、紙袋持参者に割引をするとか、いろいろあると思います。とりあえず、色々な企業に先鞭をつけるという意義はあったのかとは思いますが。。。。
posted by orataki at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月05日

わからないということがわかった

BOSSと一緒にあるクライアントにお邪魔しました。業務改革の新規案件発掘のためです。ある事業部の生産性が悪いという以外にこれといった情報もなく、まずはどのような現状かを掴むためにマネージャークラスの方三人と打ち合わせさせていただきました。

ざっくばらんな世間話をひとしきりした後、自然な流れで業務の話になっていきました。この事業部はボストンコンサルティンググループのPPMでいうところの「金のなる木」なのですが、商品の多様化により、だんだんと人件費が増大し、ひとつ間違うと問題児になりかねません。

マネージャーの方々も何らかの問題意識は持っているようなのですがうまく本質を掴みきっていないようです。担当者に聞いてみないとわからないというありさまです。結局二時間ほど話をさせて頂きましたがありきたりの課題を確認したに止まりました。

帰り道、BOSSに話しかけてみました。「今日は大した収穫がありませんでしたね。また、作戦を考えましょうよ」するとBOSSは応えました。

「orataki君、収穫はあったじゃないか。彼らはうまく答えられなかったことで業務改革の必要性を感じたはずだよ。自分達が何もわかっていないということがわかったはずだ。今日の打ち合わせから、業務改革の必要性を訴える提案書を作ってみてくれ」

初回から気づきを促す話術はさすがです。私もファシリテーションやコーチングの研修を受けていますがBOSSには遠く及びません。少しでも技を盗んでいかなければと思いを新たにしました。

posted by orataki at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月04日

プロジェクト総括

もうすぐ長期にわたったプロジェクトが終了します。最上流から最下流までいろいろな役柄を経験させていただきました。プロジェクトの大きな特徴は部門横断的で期限があること。出会いがあれば別れもある。苦しいことも悲しいことも嬉しいことも楽しいこともいっぱい詰まっている。

そんなプロジェクトの総括を最後のミーティングで発表することになりました。総括といっても何をどう発表してよいのやら。まず切り口をいくつか用意しなければ。時間軸に対する取り組み姿勢・進捗管理・協調性・役割分担あたりから刻んでいくとしましょうか。

さて、メインディッシュにスパイスのようなものはないかと探していたらIT業界名言集というのがありましたので引用させていただきます。

「本当の要件は仕様凍結後に出てくる」

これですよ!これ。ちょっとでも開発に関わった人ならピンとくるはず。今回も、仕様のフリーズまで二転三転して、挙句の果てに凍結後に本当の要件が出てきたことがよくありました。

でも、これ深く考えるとクライアントが悪いのではなく要件を引き出す力不足のわれわれが反省しなければならないんでしょうね。
posted by orataki at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月03日

お試し版

P1020759.jpg
八重洲地下街で「京やきぐり」を買いました。まったくの衝動買い。以前、新聞で行列ができる商品として紹介されていたことを思い出しました。今日は誰も並んでいません。味はどんなか知りませんが、なんとなく「ほっこり感」が味わいたくなって「お試し版6個入り」を買ってみました。

栗にしてはいい値段でした。天津甘栗とどちらが美味しいだろうなどと考えながら食べていたら急に「コンサルのお試し版はないよなぁ」と考えが飛躍。マッサージやヘアカットなどというサービスとは異なりコンサルというサービスは時間を短縮したりさわりをちょいと見せるような切り売りはできません。

執筆などをして知名度を上げることはできてもコンサルそのものの品質を保証するにいたらないでしょう。何らかの企画でワンポイントアドバイスできたとしてもそれで業績が良くなるほどうまい話があるわけでもありません。

結局、コンサルにお試し版というものはないのかもしれません。試さなくても信ずるに足りるようなものを持っていないといけませんね。

面構えとかね。
posted by orataki at 21:29| Comment(2) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

一緒に銭湯に入りませんか?

8/29日経新聞より。港区が銭湯ランナー制度をはじめたそうです。
荷物を預けてジョギングし、帰りがけにひと風呂浴びるという趣向です。「銭湯ランナー」制度を5回利用すると「お台場海浜マラソン」参加優先枠がもらえるそうで利用者は増えていきそうです。

東京国際マラソンを機にマラソン人気は高まってきています。マラソンしたいけれど荷物を預けるところがほしい、汗を流せるところがほしい、というランナーのニーズと廃業寸前まで追いつめられた銭湯のユーザー掘り起しが見事にマッチしたといってよいでしょう。このような顧客創造が中小企業には求められています。

さて、診断協会城南支会では銭湯ランナー・ビジネスモデルの「はしり」である銭湯のバン・ドゥーシュさんを利用して皇居一周マラソンが10/27開催されます。自称「走る診断士」が集い、初心者から上級者まで皆で楽しく走ります。

運動不足の診断士のかた、一緒に走って一緒に銭湯にはいりませんか?私も初心者の部で走ろうと思います。多分、欽ちゃんみたいになっちゃうでしょうけど。
posted by orataki at 23:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。