head.jpg

2008年05月31日

総会にて

s-P1030695.jpg
城南支会の総会に参加してきた。総会といっても前半は新入会員歓迎レセプション。最後は懇親会で締める。歓迎レセプションでは先輩診断士の経験談とアドバイス。毎年話の内容は変わっても最終的には研究会やイベントを通じた人的ネットワーク形成の重要性に行き着く。

これはこれでよいのだが、最近、企業内診断士の資格活用の話題が食傷気味に出ていているので逆のことを考えるようになった。つまり「資格の活かすこと」という強迫観念にガツガツととらわれメッキのコーティングばかりに腐心するのではなく「いぶし銀」のような地道な努力を続けることが重要ではないのかということ。

何も水戸黄門の印籠よろしく見せ付ければよいというものではない。相手は印籠にぬかずくのではなく人間性にぬかずくのである。新入会員の60秒間の自己PRタイムがあったが、ここでPRすべきはスキルよりも人間性であろう。あえてスキルに注目するのであれば60秒間でいかにコンテンツの訴求ポイントを整理して圧縮できるかだと思う。
posted by orataki at 23:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月29日

抵抗勢力

某企業の役員向けにグローバル営業戦略の新構想についてプレゼンをしてきた。仮説検証部分に若干の不十分さがあったものの無事終了した。これでまたブログの更新頻度があがっていくことになるだろう。

来月からは、別件でグローバル物流の企画に参画する。英語ダメポンの私がグローバルな企画をやるというのもヘンな話だが、これも天の恵み。ありがたく頂戴しておこう。

さて、構想を作った後は具体的なシステム構築と業務改革が待ち受けている。業務改革には必ず抵抗勢力が登場する。実はこの抵抗勢力対策もコンサルのバリューアップにつながっている。ITコンサルだから、もとよりそのような訓練はしていない。ぶっつけ本番の手探り状態で模索することになる。

そんな状況に符号するように日経ストラジティの特集は「抵抗勢力を巻き込め」だった。これは非常に参考になった。声高に否定的な態度をとるものばかりが抵抗勢力ではない。様子見の中立派も抵抗勢力予備軍であるという視点は面白い。

たしかに改革は「変える」ことなのだから静観姿勢をとることは抵抗勢力と同じことなのだ。ふと振り返って自分が中立でいるということはないかどうか考えてみた。意外と自分で知らないうちに抵抗勢力になっているのかもしれない。
posted by orataki at 23:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月28日

吉兆廃業

船場吉兆が廃業に追い込まれた。嘘をつくことを許容しない社会に戻ってきた感がある。同じ偽装でも赤福や白い恋人たちのように復活したものもある。(完全復活かどうか定かではないが)この違いは何なのか。消費者は意外としっかりと経営者を見ているのかもしれない。口先だけの反省はすぐ見破られる。

私自身、どんなに仕事がまずい状態になっても「表現の強弱があったとしても嘘だけはつけない、ついてはいけない」と思っている。それはバレる、バレないの問題ではなく、DNA的に染み付いている。大かたの人は同じであろう。

今回の廃業は麻痺してきた良心へのカンフル剤として良い教訓となったはずだ。偽りに明日はないと肝に銘じよう。
posted by orataki at 23:37| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月25日

忙中忙あり

一週間ぶりの更新である。ちょっと筆が重い。いやキーが重い。昨日は某企業にお邪魔して診断助言事業を診断仲間と一緒に行ってきた。

ホームページ作成支援の範囲にはなるが単なる技術論だけではすまされないことを実感している。つまり業界動向や差別化要因、従業員ITスキルなどを加味して方策を練ることが必要ということ。ここが通常の
ITベンダーには不足しがちな部分であろうし、我々診断士のバリューがある部分でもあると思う。

これからPDCAサイクルをどのように回していくかが課題となってくると思う。この課題を解決することで自分の「引き出し部分」がひとつふえることだろう。「忙中忙あり」の精神を一緒に活動しているメンバーから気づかされた。気づきのある活動は充実している。
posted by orataki at 08:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月18日

金太郎マラソン

s-KC3A0203.jpg
(この画像は応援に来ていただいたオレユニさんから提供いただきました)

今日は五月晴れの中、金太郎マラソンに挑戦してきた。御殿場線の松田というところで開催された。距離は10km。クオーターマラソンであるが運動不足のこの身にはチョイとシンドイ。記録は70分。同年代ランナーが100名ほど走ったが限りなくビリに近い順位。冷やかし的な参加はほとんどなく「マラソン命」みたいなオジサンばかりだった。

前回の湘南国際マラソンと比べれば規模は小さいが町おこし的な暖かさは感じられる。参加賞のTシャツの希望サイズが品切れになったのはまあご愛嬌。記録証を高速プリンタでその場で印刷してくれるとことがローカル的。この規模でこそできるサービスであろう。

多くの方にも声援をいただいた。特に応援に駆けつけてくれたオレユニさんには感謝である。多くのスタッフからも励まされた。特にゲートボールやっていたお爺さんから「歩いちゃだめだよ〜〜」と言われたときは悔しいやら情けないやら。(ほぼ歩き状態のときでした)

マラソンというのは健康増進・シェイプアップにも良いのだがみんなで頑張りあえるゼロサムゲーム的ではないところがいい。ある意味、みんなが勝者になれる競技でもあるわけだ。自分の成功を定義する、自分の勝利を定義することによてハッピーな人生を送ることもできる。そんなことを考えながら帰路に着いた。
posted by orataki at 16:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月17日

またまた的中!

サラリーマン川柳コンクールのベストテンが発表された。
http://event.dai-ichi-life.co.jp/senryu/200805_best10.html

第一位は「空気読め、それより部下の気持ち読め」だった。今年の漢字「偽」に続き、自分の予想が的中した。

この結果予想の思考プロセスはコンサル以外にもいろいろな場面で利用できるのではないか。第六感で予想するのも大事であるが、やはり諸条件から推察・洞察していくということも重要。普段から鍛えておきたいものだ。

posted by orataki at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月15日

いつのまにかテンパってる

ここ数日テンパってきていてブログ更新が思うに任せない。BSCを使って戦略マップを作って、課題展開図を描いて、解決仮説を考えて、と結構忙しい。行き詰ることもある。

昨日はBOSS2に終電近くまで付き合ってもらって課題の戦略マップをアーダコーダ議論して作り上げた。さすがにBOSS2の視点は鋭い。意見が食い違うと必ず論破される。

論破されるごとにひとつ賢くなる。この積み重ねがコンサルへの終わりなき旅なのかもしれない。しかし、幸運にもこの旅はプロコン塾のようにお金を払ってする旅ではなく、お金をもらってする旅である。

お金を払うなら「お客様」は自分である。しかしお金をもらうのだから「お客様」は外にある。しかもリアルな企業である。だから真剣になれる。実務従事事業に何か割り切れないものを感じるのもこのような対比があるからだ。
posted by orataki at 22:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月10日

整体を経験する

妻のススメで整体なるものに行ってきた。体に良いときけばすぐ飛びつくクセがついている。現在のところ、おかげさまで不調な部位は見当たらない。シェイプアップに役立つという一言でとりあえず山あいの閑静な庵にお邪魔することになった。

通されたところはコンクリート打ちつけにシンプルな和装を施した小さな空間。香が焚かれ、クラシックBGMが流れている。室内は暑くなく寒くなくニュートラルな感じ。ここで90分ほど整体を受けてきた。

「整体」は読んで字のごとく体を整える施術である。カイロプラクティックやマッサージとは少し意味合いが違っていて骨と筋肉の両面から血流を良くし、全体的な調和を図っていくもの。

パソコンづけの生活なので背が丸まった姿勢になってきているようである。姿勢はマインドにも影響する。丸まらないで反り返るくらいの姿勢で生活していこうと思う。
posted by orataki at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

遅れている登録証

NANAさんの記事を見て気がついた。「そうだ!中小企業診断士の登録証まだ貰っていない」今年はちょうど該当年。年初に更新申請したまま忘れていた。前のものは定期入れに入れてあるのだが取り出した記憶も無い。つまり、使っていない。

警察のように「こういう者ですが」と言って見せることはない。もうちょっと活用できないものか。たとえばイベント受付の認証などに。(インフラが高価になってムリか。。。)

登録証交付が遅れた理由はシステム障害とのこと。この手の原因については職業柄寛容である。期首やお盆明けなどはこの手のトラブルが起こりやすい。どんなに準備万端にやってもミスはゼロにならない。エンジニアの方々は「よくあること」と見ているのではなかろうか。でも、新しく登録する方にとっては待ちわびた「ひとつの証」であり、イライラは募っているはず。同情申し上げます。
posted by orataki at 06:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月06日

本日の湘南

s-P1030683.jpg
旅行から帰り、まだお仕事モードにならないので海岸を散歩してみる。リフレッシュするという点からすると旅行に行くより、近場を散策するほうが効果がある。ましてや、GW中の旅行ともなれば人アタリしてリフレッシュには程遠い。海岸をマッタリ散歩してテラスで地魚のマリネかなんかをつまみにバドワイザを飲むなんていうのが一番精神的にはよろしい。

今日は天気は良かったがかなり風が強かった。ウィンドサーファーには垂涎の天候だ。カラフルなボードがたくさん風に舞っていた。昔と違って最近のはデザインが良くなってきているようだ。
posted by orataki at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月04日

その後の赤福

s-P1030676.jpg
奈良から伊勢にさらに足を伸ばした。伊勢には注目の赤福本店がある。そこを訪れてみた。不正表示により営業停止を喰らった赤福であるが、今日の店の状況を見る限り完全復活したといってよいだろう。長陀の列ができピンクの箱は飛ぶように売れていく。

1.キッチリ反省して再発しないよう徹底する、2.本当においしい、この二つが満たされれば客は戻ってくる。信頼の鎖は繋がってくる。自分も赤福ファンのひとりである。急成長を戒めつつも関東人の口に届くような安心の展開をせつに望むところである。
posted by orataki at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月03日

菩薩になれない

s-P1030633.jpg大阪から奈良に足を伸ばす。奈良は高校生の修学旅行で訪問して以来訪れたことがなかった。奈良も鎌倉と同様古都であり散策にはうってつけだ。食事どころも会席膳的なものを出すところが多く観光地値段で懐には優しくない。

同じ古都でありながら違いを感じたの国宝の多さである。またそれゆえの拝観料の高さである。自分の感覚では鎌倉が平均300円、京都・奈良は平均500円といったところが拝観料の相場ではなかろうか。二人でひととおり見て回ると諭吉君が吹っ飛んでしまう。高いなぁと思いながら訪れた寺のなかに薬師寺がある。

三重塔の美しさもさることながら、僧侶の法話がまた良かった。この僧侶、ヨシモト顔負けのお笑いネタを法話に織り込み訪問客を飽きさせない。気に入った話は「菩薩と如来」の話。

「菩薩」というのは人のために一生懸命尽くすような人。その上位に「如来」がいる。「如来」とは「来るが如く」と書く。すなわち来るものはあまねく受け止めるという大地のような人である。

我々は如来はおろか菩薩にも遠く及ばない。自分のことで汲々としている。何が効率的で何が非効率かを見極めようとしている。何が必要で何が不要か峻別しようとしている。何が自分に利することかどうかを計算高く考えている。

実はこの世に不必要なものは何一つ無く皆「意味あるもの」なのである。そのことを教えられた。この法話は自分にとって非常に有意義であったし、拝観料がむしろ安く感じられた。付加価値をつければ決して高くは感じられないものだという良い例だったと思う。コンサルティングもこうありたいものだ。

あっ!

付加価値とか高いとか安いとかまだ世俗的なものの見方からまだ脱却できていないな。当分、菩薩にはなれそうにない。
posted by orataki at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ディープな大阪を堪能?

中国には立続けに訪問したので文化の一端を垣間見ることができたのだが、関西の文化は自分の中では中国や欧米以上にわかっていない。ということでGW前倒しで連れ合いとディープな大阪に潜入! というか人気スポットしか回れていないなぁ。
s-P1030560.jpg
人を振り向かせるのは簡単だ。「ボクもうやめます」と言えばよい。

s-P1030563.jpg
s-P1030599.jpg
大阪が看板文化ということは理解できた。

s-P1030572.jpg
友人からはこの界隈がディープだと言われたのだが、明るく綺麗で拍子抜け。
s-P1030579.jpg
s-P1030551.jpg
NGKはよかったぞ。コストパーフォーマンスを感じた。
posted by orataki at 06:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。