head.jpg

2009年09月30日

古くて新しいもの、なーんだ?

企業は自らが生き残るために、常に大変な思いで新しい事業を見つけて切り開いている。しかし、新しいアイデアを出し続けるのは困難だ。どのアイデアも似たりよってり。そんな時、昔の事業を現代風にすることで、新たな道が開けることがある。昔の着物の生地を使ったドレス、[     ]、昔ながらの「かまど炊き」を再現した炊飯器など、多くの「古くて新しい」アイデアが企業の核心を担っている。

【問】[     ]に入るようなアイデアを自分で考えて答えなさい。


これは2009年の山脇学園中学の入試問題を日能研が「四角い頭を丸くする」で取り上げたものです。電車の中でぼんやりと見つけたのですが非常に良い問題だと感じました。

今や中学入試で「考えさせる問題」は珍しくありません。この問題も正解が無数にある考えさせる問題のひとつです。求められるアイデアは簡単には浮かんできません。(私もさんざん考えさせられました)

古いものとは何か、三世代同居家族なら祖父祖母が使っていたものから想起できるかもしれませんがそのような家庭環境は稀でしょう。そうすると、偶然そのような商品を知っていない限り、ものすごい想像力が必要になるわけです。

生活環境への着眼と商品化という着眼の両方から攻めないといけません。自分で答えを考えてみましたが畳ベットくらいしか思いつきませんでした。(アイデア自体が古いですね)

診断士の試験に出しても遜色がないと思います。(言いすぎかな)
posted by orataki at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方・考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月28日

褒め上手になりたい

home.jpg 客先訪問の待ち時間つぶしに買った本がなかなか面白い。この本では「ホメること」の効用という理論的部分から一歩踏み込んで「どうやってホメるか」という技術論が書かれています。

ホメ上手がよいことはわかっているが、ではどうやってホメめたらよいかわからない人はぜひご一読をおすすめです。褒めるときのコツをいくつか抜粋してご紹介します。

・一度ホメめた人のことを絶対陰口しない
・ホメた言葉を否定されたら再否定する
・美人女性はホメないほうがいい
・地位が下の人には、下手にでてみる
・ホメたあと「忘れてくれ」と付け加える
・自分の発言量はだいたい30%を目安に

「こいつは下心がある」「どうせお世辞なんだろ」と思われてもホメられれば誰だってうれしいものです。理屈ぬきにホメること、まず実践することが大事ということですネ。

ほめられサロンというサイトをご存知でしょうか。



性別・年代・職種を選んでOKを押すとどんどん勝手にあなたを褒めてくれるサイトです。落ち込んだとき、凹んだとき、ここを訪れるとよいでしょう。無機質なWEB画面ですらホメられると元気が出てきます。


かように人間はホメられるとプラスのオーラが出てきて元気が出てくるものなのです。勿論、対人関係もよりスムーズに行くでしょう。
posted by orataki at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方・考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月26日

叩かれ上手になる

9月の末ともなると半期の締めを目指して、いろいろ資料つくりが立て込んできます。コンサルの場合、構想書であったり、要件定義書であったり、分析報告書などを作成することになります。

しかし、単に作って提出して終わりということにはなりません。レビューがあり、お客様との合意を経たものでなければなりません。ですからまず下絵となるタタキ台を作る必要があります。コンサル部門に異動して一番感じたことは、とにかくいろいろな場面でタタキ台を作るということ、そして下絵から完成品にいたるまでのプロセスを計画的に行うということでした。

今日もタタキ台を作ります。明日は関係者に叩かれます。そして明後日はレビュー。叩かれ続けると凹むこともありますが、叩く側になるよりも叩かれる側になったほうがいい。メンバーの誰かにタタキ台を作るように指示することもできますが、自分でやったほうがいい。自己の成長につながるからです。

何もないところに下絵を描くことは下絵に肉付けすることの何倍も難しいし想像力がいることだと思います。下絵を描き続けることは提案力の強化につながると思うのです。

posted by orataki at 10:43| Comment(2) | TrackBack(0) | コンサル技法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月23日

縛られない生き方

s-s-doccica.jpg


旅先からのネット接続のために「Doccica」を購入しました。加入したのではなく、購入したと表現したのはある意味「割り切りのお付き合い」といえるからです。

この機器はプリペイド方式で、購入して15分後には接続ができるという便利なものです。クイックリーな接続というより「縛り」がないことに魅力を感じて購入しました。

どこのキャリアも通信にあたっては1年縛り、2年縛りといった「縛り」を設けてきます。高額な違約金で中途解約しにくいビジネスをしているわけです。ヘビーユーザーはこれでも良いかもしれませんが、使用頻度が少なかったり、期間限定のテンポラリな使い方をするユーザーにとっては誠に息苦しいものです。時間従量制(1分10円)ですがメールチェック程度のライトユーザーならば十分でしょう。

私はMっ気はまったく無く、縛られるのはとても嫌です。(多くの方々はそうでしょう)多少割り高でもこのような商品が出てくれば飛びついてしまうのです。不況になると売る方も知恵を使い、バラ売りや量り売りというような消費者目線に降りてきます。モバイルを取り巻くビジネスも早くそうなって欲しいものです。
posted by orataki at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月22日

東山魁夷の魂に出会う

s-DSCF2082.jpg

長野遠征の最大の収穫は東山魁夷の魂に出会えたことでした。日本人画家の中で一番好きなのが東山魁夷氏の作品です。作品には一種の静謐さが漂い、心が研ぎ澄まされます。美術館は善光寺の隣にありますが、全部の作品を見ることはできません。水彩画ゆえに画質の維持が難しく、展示はローテーションになるようです。訪れたときに見たい絵があるかどうかの運不運はあるようですが、今回は幸運にも見ごたえのある作品が多く展示されていました。

ここで多くの気づきを得ることができました。私は絵を描くプロセスをよく知らず、下絵に肉付けして描いていくんだろうなぁという程度にしか思っていませんでしたが実際はもっと緻密であることが分かりました。

風景を描くときいきなり下絵を描くのではなく、「単純化」という作業が入ります。単純化は一種の抽象化でもあるわけなのですが、これをひととおりではなく、何種類かアイデア出しします。そして単純化したものを統合化して、さらに具体化するというプロセスをとります。システム設計でいうところの物理DFDと論理DFDの関係みたいなものと考えれば分かりやすいかもしれません。

すべての画家がこのようなプロセスを経て描いているとは思いませんが天才的な感性で描きなぐるのではなく、設計をキッチリやることも芸術性を高めるものであると納得しました。

帰りがけにはフレームつきの絵を2枚ほど買い込みました。

「行く秋」
「夕星」

「夕星」は絶筆版でとても気に入っています。彼の1981年東京国立近代美術館講演録に以下のようなものがあります。

「私はいつも、これから筆を下ろそうとする白い紙に向かった時に、それはただの白い紙ではなくて鏡だと思うのです。」

風景画といえども、絵というものは作者の心がそのまま映し出されるものなのですね。90歳で他界した東山氏は曇りの無い玲瓏とした心境で天空の輝く星になったであろうことが伝わってきます。
posted by orataki at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方・考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月20日

行くあてのない旅先で感じたこと

シルバーウィークに突入しましたね。5連休なので海外旅行でもと思っていたのですが、プロジェクトの進行がどうなるかわからず、予約できませんでした。(先立つものが心細いということもありますが)

宿題はたくさん残っているので連休の半分は仕事・半分はリフレッシュということにしました。ということで今、長野のビジホからブログアップしています。なぜ長野かという理由はありません。1000円高速道路を活用して行けるところまで行ってみるというツアー(ヨメさん同伴)です。

善光寺を見学した後、車中でネット検索してホテルを予約しようという暴挙を試みました。結果は、やはり、暴挙・・・でした。場末のみすぼらしい一室は確保できましたが、決まるまでがたいへんでした。(田舎に泊まろうという番組がヤラセかどうかわかりませんが、今夜のねぐらが決まらないというのは非常に心細いものだと実感しました)

長野オリンピックが開催されたところだからホテルはたくさんあるだろうし、条件をゆるめて、ネット検索すればひっかかるだろうと高をくくっていたのが失敗でした。Yahoo、じゃらん、楽天・・・みんな役立たずです。

実際は宿泊検索サイトに登録されているのは計画的に叩き売っている部屋ですから、検索されないからといって空き室がないわけではないのでしょうが、一軒一軒しらみ潰しに電話を掛けまくるというのも現実的ではりません。何件か掛けてはみましたが、足元を見られているせいか、かなり高額なものしか紹介されず途中であきらめてしまいました。

結局、駅近くの裏道に点在するホテルに直接足を運び聞いてみたほうが早かったです。ITはかなり進展しましたがITではフォローできないフェイスツーフェイスのアナログ的な部分が世の中にはまだまだたくさん残っているということを痛感しました。

s-DSCF2079.jpg
posted by orataki at 05:32| Comment(0) | TrackBack(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月14日

腹八分の資本主義

hachibunme.jpg


「腹八分の資本主義」を読了しました。本書はこの日経ビジネスオンラインの連載の中から日本の未来を先取りするような先進的な取り組みをしている地域の記事にスポットをあて集約したものです。

出生率2.04を実現した長野県下條村、ある物探しから地域を活性化させた宮崎県児湯郡、トータル林業で黒字経営を実現した長野県根羽村、超高収益を実現したスウェーデンの障害者企業サムハル、企業と農村の幸せな結婚を実現させた岩手県住田町、腹八分の資本主義を貫く長野県伊那食品工業が紹介されています。

何事も過ぎたるは及ばざるが如し。行過ぎた利益追求、理念無き経営は行き詰ることが最近露呈してきています。

地方が活性化する秘訣は国から予算を分捕ることではなく、依存心を排除し地方独自で知恵を絞り、活性化モデルを作り上げていくしかないことが分かります。

政権交代で地方分権が加速するのか、地方再生が実現されるのか、時事問題としても非常に興味があるところです。ただ、成功モデルを猿真似しても成功できないこともあきらか。成功しているところは自分なりのモデルを模索するプロセスを持っています。

いつもプロセスを考えるクセを持つことは重要なのだと思います。政権交代して家庭内でも新政策について話し合う機会が増えました。このようなときこそ我々が読んでおきたい一冊だと思います。
posted by orataki at 06:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月12日

ホームパーティ

今日は、コンサル仲間を我が家に呼んでホームパーティを開きました。夫婦でいらした方、単独での方、いろいろです。家で飲む場合、時間をあまり気にせずゆっくり語り合えるメリットがあります。

診断士でも奥様同伴忘年会というのがありますが、ホームパーティも同様に奥様同伴に意義を感じます。いつもと同じ顔ぶれで飲むなら会社帰りの居酒屋と同じこと。もっと胸襟を開こうとするなら近しい人もお呼びするのがよいと思っています。

男の料理として私も一品作ってみました。作品はゴーヤチャンプルです。ゴーヤは市場で購入してきました。口の悪いコンサル仲間から「意外とおいしい」という評価をもらい、ホっとしています。ゴーヤにまつわるリベンジは一応果たせたのかなと思っています。
posted by orataki at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方・考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月11日

変わって欲しくないもの

letitbe.jpg


ついに買ってしまいました。ビートルズのリマスター盤。今回はとりあえずお気に入りのletItBeを購入。CDですがプラスチックケースではなく昔のアルバムのように厚紙でできたジャケットがアナログチックでいい感じ。曲のお気に入りは「レット・イット・ビー」と「ザ・ロング・アンド・ワインディングロード」

30年の時空を遡って目の前に現れました。当時、音楽に興味を持っていなかった私を目覚めさせた曲です。音楽の時間にビートルズの曲を鑑賞させてくれた音楽教師がいて、そのおかげでビートルズファンに。

時代を超越した曲に聞きほれながら甘酸っぱい学生時代の思い出がよみがえりました。世の中、変えなきゃいけないものが多いですが換わって欲しくないものもあります。ビートルスはその代表格かな。
posted by orataki at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

幻のゴーヤ祭り

s-DSCF2060.jpg

ご覧のとおり、見事に黄色いゴーヤができました。勿論、失敗作。もっと大きくなぁれ、もっと大きくなぁれ、と願っているうちにいつの間にか逝ってしまいました。

名言集に「刈り取ることばかりに気をとられて種まきをおろそかにするな」というものを取り上げましたが、刈り取りすらうまくいかない。園芸のプロ、農業のプロの方ならこのようなヘマはやらないでしょう。ゴーヤ祭りも緑のカーテンも失敗ということになりそうです。

さて、中小企業のホームページ構築支援は第二フェーズ、つまりアクセス数アップフェーズに入りましたが壁にぶち当たっています。関係者以外からは、ほぼアクセスがない状況に陥っています。

検索エンジンにひっかからなければ話にならないのですが、とにかく情報発信量が少ないのです。ブログと連携させてとにかく訪問してもらうことを狙い、社長日記を書いていただくようお願いしていますが足取りは重いです。

ブログというのは書ける人は書けるけれど、書けない人は書けないということなのかもしれません。先日の週末起業フォーラムでも情報発信の重要性を説かれていましたが、そう思いつつ発信できない人は一定数いるのだと思います。

ホームページもブログも情報発信ツールに他なりません。自分が代行してあげれば簡単ですが、それでは先方のためにも私のためにもなりません。「魚を取ってあげるのではなく魚の釣り方を教えてあげる」という難しさをかみ締めています。
posted by orataki at 06:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 中小企業診断士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月06日

残暑にやられる

本日のリバイバル10キロランは猛暑のため、散々な結果に終わりました。もう夏は終わったと思っていたのに。。。暑さ対策は相変わらず必要です。

今年の夏はなぜか短く、味気なく感じられました。なぜなんだろうと考えてみると今年はまだ花火を一度も見なかったことに思い至りました。地元の花火大会の日は休暇をとってあったのですが台風で中止に。

例年であれば「順延」なのに今年は「中止」に。なぜ中止なのだろうといろいろ調べてみると財政難が理由であるとわかりました。こんなところにも不況のしわ寄せが及んでいるんですね。

しかし、何で財政難だと順延できないのでしょうか。花火師への保証金はあるんでしょうけれど警備関係の保証とかするのでしょうか。
大会実施費用<経済効果は明らかなので残念です。効果が大きいと分かっていても無い袖は振れないということなんでしょうね。

私の中で夏を感じたのは例年の試験監督です。夏=1次試験という連想は定番になっています。

2009年09月05日

ゾンビランナー

先週の選挙では民主党が大勝し、政権交代が実現しました。私も政権交代に一票を投じましたが民主党に肩入れするというより、自民党にノーを突きつけるというのが真意です。自民党は新旧交代が必要であるはずなのに落選したはずの議員が比例区でゾンビのように復活するのはどうも合点がいきません。そういいつつも私も結構、ゾンビではあります。

夏の間はクーラーの効いた部屋で息をひそめ、涼しくなると地上を徘徊する。まぁ、ゾンビランナーというわけです。今日、復活しました。題して「リハビリ5キロラン」というところでしょうか。明日は月例湘南マラソンに参加します。

s-DSCF2054.jpg


さて、午後は企業内診断士フォーラム「企業内診断士でもできる週末企業」に顔出ししました。さすが人気のある藤井さんだけあって支会の垣根を越え90名弱の参加をいただきました。会員部始まって以来の快挙です。

このような講演上手な方の話を聞くときは「起承転結」を意識します。自分が話すときに非常に参考になるからです。今回の場合もキチンと起承転結のシナリオで話されていました。

「起」の部分では「なぜ診断士を目指したか」というところから始まりました。それは多くの人が動機とするところの「緊張した状態」があったからとわかりました。また、「承」の部分では資格取得してからの数多くのチャレンジと失敗の経歴を語られました。この部分までで藤井氏は我々とそう違った土俵で戦ってきたわけではないということがわかり、一種の安堵感が生まれました。

そして「転」で稼げるようになったくだりが話されます。ひとことでいうなら「情報発信すること」です。そして「結」では総括として「稼ぐことにこだわり、絶えず自分のビジネスモデルを模索せよ」と語られました。

藤井さんは「稼ぐ」というと、がめついイメージがあるけれど「稼ぐ」ことへのこだわりには4つの観点から必要と主張されました。

1.今までの投資の回収をするべきである
2.ほんとうの人脈は稼ぎ仲間から作られる
3.やり甲斐がさらに増大する(稼ぎは仕事の評価である)
4.自立が助長される

企業内診断士はもっと情報発信し、この「稼ぐ」という意識をもっと持つべきというのが最大のメッセージであると受け止めました。このへんの意識はだんだんと薄れてきていました。また、ゾンビのように復活したいと思います。

最後に、とても印象に残った言葉があります。

「独立して稼げる人は企業内にいても稼げる」

ということ。企業内にいるから制約がある、時間がない、顧客がみつけられない、というのは言い訳に過ぎないということです。

s-DSCF2055.jpg
posted by orataki at 21:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 中小企業診断士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月03日

神隠し

今日はクライアントと要求定義。ファシリテートしながら課題を構造化しPC入力するという、1人3役をこなすことが求められていますが、経験が積みあがってきたせいか、だんだんとこなせるようになってきました。

特に今日はテーマに恵まれたせいもあって快調に飛ばすことができました。ところが最後のまとめを入力しようとしたとき悲劇は起こりました。エクセルに整理された要求が一瞬のうちに消滅してしまいました。

何かのキーに触れたことが原因だと思うのですが、何のキーかハッキリしません。ハッキリしていることは保存前の文章が紛れもなく消えてなくなったこと。まるで神隠しのようです。

通常、クローズするときは「保存」の有無を聞いてくるものですが、今回それもありませんでした。いままで1時間以上かけてまとめたセッションの記録は水泡に帰しました。記憶を元に再現しても50%くらいしか書けないでしょう。

あぁ、新入社員のような初歩的ミス。上書き保存は几帳面に。本日の教訓です。



posted by orataki at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月02日

当選倍率8.9倍



『東京マラソン2010』申込者数、過去最高の31万人超〜当選倍率は約8.9倍 (by Yahoo News)

当選倍率8.9倍ですか〜。一応申し込んだんですけどね。くじ運は悪い方なので厳しいかもしれません。ビンゴゲームも宝くじも上位賞を貰ったためしがありません。

そもそも当選しても走れるかどうか。8月は走行距離0km。上野駅で50メートルを全力疾走しただけで、胴回りもサイズアップ。

いかん
いかん!
いかん!!

9月からはだいぶ涼しくなってきました。月例マラソンで足慣らししようと思います。



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。