head.jpg

2010年02月28日

東京がひとつになる日

DSCF2545.jpg

今日は銀座にショッピング&東京マラソン応援に行ってまいりました。ショッピングのほうは置いておいて、マラソンですが、銀座で見ていても圧巻でした。35000人の人の波は途方もなく大きくコスプレランナーが多いのも特徴でした。

マラソンの経済効果は推定がなかなか難しいですが地方都市の場合、10億円前後、ホノルルで約100億円、東京の場合300億円以上といわれますからその大きさがわかるでしょう。かく言う私も経済効果の一部として幾ばくかのお金を東京に落としてきたわけですから。

銀座というスポットは浅草に向かう人と浅草から戻ってくる人が平行して見られる場所です。車線の反対側を走る人とは10数キロの差がありますが心意気の差はさほどに開いているわけではありません。35000人のランナーがこのマラソンに何がしかの思いを寄せているはず。

ダイエットのためというシンプルなものから相棒の縁談祈願や家族の健康祈願、そして完走の暁のプロポーズなど。皆さん、人生の縮図を背負って走っているかと思うと胸が熱くなります。

DSCF2546.jpg偶然にもお笑いコンビ・髭男爵のひぐち君を撮影することができましたが彼も完走できなければコンビ解消というハードルに向かって必死に走っていました。結果6時間52分06秒で完走したそうです。制限時間が緩いとはいえ94.5%の完走率はすばらしい。まさに東京がひとつになったと言えるのではないでしょうか。来週の三浦マラソンに向けて大きな刺激を受けることができました。
posted by orataki at 21:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 生き方・考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月27日

アバターでアイスブレイク

desktop.jpg


私のパソコンにはアバターの壁紙が貼り付けてあります。壁紙には「ナヴィ」の顔画像と「パンドラ」の画像がありますが、ラピュタファンの私としてはパンドラのほうの画像を使用しています。

会議ではコンサルが仕切ることが多いので、私のパソコンをプロジェクターにつないで見せることになるのですが、「oratakiさんもアバター見られたのですか?3Dで?あれいいですよねぇ。」といったような話がよく出ます。これが結構アイスブレイクとして役立っています。

先日も初対面の方が多い会議の冒頭でアバター談義となり場が和みました。というか私がうまく溶け込めたような気がします。あまり会議に相応しくない壁紙は問題ですが、この程度なら許容範囲でしょう。
posted by orataki at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサル技法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月24日

BOSS2の眼力

apple.jpg


"apple to apple"という言葉があります。私はこの言葉に出会ったのはコンサル部門に来てからのこと。意味的には前提や条件や範囲が同じで比較できる状態のことをいいます。これとは逆に前提や条件や範囲が異なっていて比較できないことを"apple to orange"といいます。

なぜ、bananaやgrapeでなくてappleやorangeなのでしょうか。その謂れは知る由もありませんが、想像をたくましく考えるなら、議論の場にフルーツの盛り合わせが置いてあり、「前提が違うから比較できない」と主張する人がわかりやすく説明するため近くあったオレンジ色のリンゴと赤いオレンジを手に取ったのでしょう。似て非なるものであると。

実は提案書を作成するとき、この"apple to orange"で展開してしまうというミスをしてしまいました。(詳しくは省略します)しかしながら、かなり複雑な展開をしていたので数ヶ月の間、お客様はもとより多くのレビュアは全く気がつきませんでした。(私も含めて)

ところがあるときBOSS2にその資料を見せた瞬間、「これは"apple to apple"ではないね」と見抜かれてしまいました。「これは何かおかしい」と気づくことは大切なこと。診断士であれば、財務諸表をサラリと見て何か額面どおりに受け取れないものを敏感に感じ取るようなこと。

さすがBOSS2の眼力はスゴイ。まだまだ修行が足りません。せめてBOSS2の足元くらいには及ぶように頑張りたいと思います。
posted by orataki at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | スキルアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月22日

業界知識を深める

ITコンサルティングをやっていると多種多様な業種業態にぶちあたります。コンサルタントも全ての業種を知っているわけではありません。というか、ひとつかふたつ詳しい業種以外は未知なる世界のはず。本物のコンサルタントはお客様との知識差を猛烈なスピードで埋めていくといわれますが、私などはそこまではなかなか到達できそうにありません。

少しでもそのギャップを埋めるとするなら、その業界で働く人のナマの声を聞くのが一番だと思います。そのようなこともあって最近は知識の引き出しを増やすために業界を語る研究会に顔出しするようにしています。

先日は生保業界と歯科医業界について学びました。真剣に聞いていると脳が刺激されその業界に興味がわいてきます。その業界で課題を抱えている企業をコンサルティングしたくなってきます。

外部環境分析をすると必ず出てくるキーワードが「少子高齢化」です。この外部要因はいろいろな業界に「脅威」として影響を与えています。生保業界でいうならば少子化で契約件数全体が縮小してきています。さらに追い討ちをかけているのが「晩婚化」、もとい「非婚化」です。なんと男性の10人にひとりは生涯結婚しないという状況だそうです。

生命保険は大部分が配偶者のリスク低減に寄与しているわけですから非婚化は業界にとってゆゆしきことです。ビール業界同様に世界に目を向けていかないと明日はない状況なのです。新しいターゲットは人口が期待できるインドを中心とする東南アジアですが、彼らには生命保険という概念がない。前途は多難なようです。

このほかにも保険の種類やしくみを教えていただきましたが、われわれが知りえない裏側の状況を知っておくことは表面に現れている問題を解決するキーにもなります。ファシリテーションや問題解決技法、フレームワークの習得も必要ですが「業界知識を深める」というサイドワークをおろそかにしないように心がけたいものです。
posted by orataki at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | スキルアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月21日

ブルー・オーシャンを求めて



昨日は中小企業支援の日でした。もともとホームページ構築支援として取り組みをを始めたのですがホームページのコンテンツを検討していくうちに商品戦略の策定に支援内容がシフトしていきました。

多くの企業がそうであるように当該企業の市場もシュリンクしていく傾向にあり、新たな商品・新たな市場を模索している状況にあります。このようなとき発想の発露として「ブルーオーシャン戦略」があります。

ブルーオーシャン戦略を考えるとき利用するフレームワークに戦略キャンバスとアクション・マトリクスがありますが、今回、戦略キャンバスを描いてみることにしました。

実践の仕事の中では3CやSWOTや戦略マップなどはよく利用しますが戦略キャンバスを実践例に当てはめるのは初めての試みです。戦略キャンバスには競争要因をプロットする必要がありますがこの要因を洗い出すのに十分な3C分析・SWOT分析が必要となります。

そして分析するにあたり、業界のさまざまなデータを入手することが必要となります。仮説を立てるためにもこのデータ収集は大切なのですが容易なことではありません。ネットで入手できるものは限られています。業界新聞や業界紙、業界統計などを幅広く取り込む力をつけなければと実感しています。
posted by orataki at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサル技法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月17日

ホノルルに行けるかも


三浦市民マラソンの参加証が送られてきました。今回は伊那以来、10ヶ月ぶりのハーフマラソンです。実際のところ練習ではハーフは走ったことがないのでぶっつけ本番ということになります。

ただ、15キロくらいを経験すれば、あとは大会の雰囲気で乗り切れると踏んでいます。タイムリミットは140分。結構厳しいですが厳しい景況を乗切る心構えを養いたいと思います。

完走すれば抽選で2名がホノルルマラソンへ招待されます。これが楽しみです。走り終わったら特産のマグロが待っています。これもお楽しみ。コースは三浦海岸を出発して城ヶ島までを往復。大根畑を縫って走る苦楽しいマラソンになりそうです。

2010年02月13日

2月度のIT.経営研究会

今日はIT.経営研究会に顔出ししてきました。受験生を加え20名弱の参加があり、にぎやかな会合になりました。

恒例のアンケートは1敗2分け。では参ります。

1)IRM

Information Rights Managementの略で、Microsoft Office 2003から搭載された機能のこと。ドキュメントに有効期限を設定して表示をコントロールしたり、ファイルの転送や印刷、メールでの送信などを禁止するなど、ビジネス上で機密や財務などの重要情報を取り扱う上でのセキュリティをサポートする機能になっている。対応するOffice製品を持たないユーザーがIRMによって保護されている情報を受信し、閲覧するためには、無償で提供されている「IRM Viewer」を利用する必要がある。(ビジネス用語辞典:wisdomより引用)

2)資金決済法

現在は銀行にのみ認められている送金などの為替取引を、少額なものに限って銀行以外の事業者にも認めるという法律。資金移動事業者として登録すればPayPalのようなサービスを日本でも展開できるようになります。なお、取引額の上限は今後政令で規定され、概ね50〜100万円程度になる見込み。2009/6/17参議院本会議で可決された。

3)Gumbler

「Webサイト改ざん」と「Web感染型ウイルス(Webサイトを閲覧するだけで感染するウイルス)」を組み合わせて、多数のパソコンをウイルスに感染させようとする攻撃手法(手口)のことである。同攻撃に関連するマルウェアを指す意味でも多用されるが、どの範囲のマルウェアを指すのかはメディアによって様々である。Gumblarによって、国内外でWebサイトの改ざん被害が相次いでいる。(Wikipadiaより引用)

次は気になるIT記事です。

1)UCC上島珈琲が招いたトラブルと対応

(ツイッターのビジネス利用も一歩間違うと大変なことに。ソーシャルメディアリテラシーのある人材の確保と迅速な謝罪表明がキーポイント)

2)位置ゲーのコロプラ、「コロカ」の提携先が38店舗に拡大

(携帯の位置情報ゲームが販売促進に有効に作用しているというお話。朴葉みそが適用になっているとは。利用したいものです。)

3)データ基盤の革新「NoSQL」のDBが続々登場

(グーグルやアマゾンやマイクロソフトなどがクラウドの基盤技術としているキーバリュー型データストアが従来のRDBと一線を画すものだということを知りました。)

4)企業価値検索サービス「Ullet経審」本格運用開始

(非上場企業の財務もひと目でわかる。帝国データバンク危うし?とりあえず建設業界だけのようですが)

5)電子書籍の流通支配に出版社はいかに立ち向かうべきか

(出版社の中抜きに対して「編集がないと品質が落ちる」というところで思考停止状態になるということに妙に納得。編集が必要という考えはそのうち古臭いものになるかもしれない)

6)端末携帯向けマルチメディア放送で委託放送業務の参入希望事業者による連絡会設立

(勉強不足でこの連絡会設立の意義がイマイチ理解できていません)

7)すべてのファイルが「イカ」に!破壊型ウイルスの相談相次ぐ

(おおこわっ!)

8)アダルトゲームのsetup.exeを装い個人情報をさらすトロイの木馬

(個人情報晒しよりもアダルトコンテンツをDLしたという事実のほうが恥ずかしい)

9)最も多く使われるパスワードは「123456」

(こんなレベルなんですね。少し痛い目にあったほうが勉強になるかも)

10)裸が見える空港スキャナーは児童ポルノ違反?

(そこまで拡大解釈しなくてもよいのではと考えるのは軽率?)

以上、今回も充実した研究会でした。


posted by orataki at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | スキルアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月11日

ジミベン



昔、コーチングの研修でお世話になったことのある女性診断士の方から出版案内が届きました。この方とはそれ以来、お会いしてはいないのですがそのときの印象があまりにも良かったので本の内容にも興味を持ち、即申し込みしました。

昔のことなのでディテールは覚えていないのですが、すごく言葉が綺麗な方だという印象が残っています。きっと文章からにじみ出てくる言葉から刺激を受けるのではないかと勝手に想像した次第です。

タイトルは「ジミベン!」

最初は地味に勉強することかと思いましたが、どうやら地味なベンチャーを意味しているようです。一攫千金狙うより確実に、しぶとく稼ぐ鉄則を伝授されるとのこと。診断士の多くの方に興味を持ってもらえそうな内容です。
posted by orataki at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月09日

気づきの多い一日

今日は一日会議の日でした。そこで多くの気づきを得ることが出来ました。まず、コンサルメンバーとの会議。コンサルタントはよく「プロセスにおける属人性を排除しましょう」などとアドバイスしますが、そういう本人のコンサルティングスタイル自体もお客様から見れば属人性の塊であったりするわけです。

組織でコンサルする場合は誰がやっても一定の品質を提供できることが大切で、その意味から組織としてのコンサルティングメソドロジーを確立しておくことが必要なのです。会議はそのメソドロジーを開発する会議だったのですが、その中で「FACT(事実)」と「OPINION(意見)」を明確に区分するようなプロセスが必要であることがわかりました。

これを意識しているコンサルと意識しないコンサルがいます。何か問題のある業務プロセスを見つけるには、単純にFACTを集めるようにします。しっかりした素のプロセス図が書きあがった上で自分なりのインサイト(洞察)を加え、しかるのちにヒアリングを行いOPINIONを聞く。

これをいきなりヒアリングするとFACTとOPINIONが混ざってしまいます。つまるところインサイトは発揮されずコンサルタントの価値が低下してしまいます。この順番をしっかり守ることが重要なのです。

もうひとつの気づきは営業関係の会議でした.百戦錬磨の営業マンであっても、それぞれに改善点はあるものです。ビジネスオポチュニティが低く、足が遠のいているお客様は放置しがちになるものですが「とにかく電話を一本いれること」がマネージャから指示されました。

電話を一本入れるだけで認知度は高まり疎遠になることを防止するといいます。これも意識していないとどんどん疎遠になっていくような気がします。「とにかく電話を一本入れる」というのは営業に限らずいろいろな場面で役立つのではないでしょうか。
posted by orataki at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | スキルアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

Gooddaycount

Twitterを始めて1年余り。いろいろいじっているうちにこれは便利といえるようなものもいくつか見えてきました。最近始めたのはIT.経営研究会のメンバーが始めた「Gooddaycount」です。

これは自分が「今日はいい日だ!」と思ったらカウントしていく企画です。いいことをひとつでも見つけて良い日だと思えばそれでよし。プラス思考を促進する働きがあります。

プラス思考で過ごそうと思っていても意識しないとネガティブな意識が頭をもたげてきます。ツイートのようにリアルに意識すれば行動自体も変わってくるような気がします。

もうひとつはハッシュタグです。ハッシュタグは簡単な検索キーのようなもの。ジョギングなどの記録モノの集計に便利です。また、スポーツ観戦のコメントのやりとりも楽しいです。

一番便利だと感じているのは#TrainDelayによる遅延情報です。先日、お客様訪問時に電車事故があり大変重宝しました。同行していた営業マンも興味を持ったみたいでツイッターを始めそうな様子です。

まだまだ、便利な使い方があるかもしれません。可能性を秘めたツールであることは間違いなさそうです。
posted by orataki at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月02日

フレームワークの正しい解釈

flame01.jpg「フレームワークを使いこなすための50問」を読了しました。コンサル部門に異動になったとき、仕事の合間にフレームワークの整理をしていました。世の中にはいろいろなフレームワークがあるものだと感心した記憶があります。診断士の勉強をしたときも有名な3CやPPMなどのフレームワークの勉強はしました。しかし、実際コンサルティングの中のどのタイミングでどのように適用していくかというところまでは勉強していません。

その意味では「試験対策用」に勉強してきた人やこれからコンサルの仕事に取り組もうという人、あるいは経営企画部門にいて、うまく経営戦略が機能しないと悩んでいる人にとってはよき指南書になると思います。

理論の解説書は世の中に多く存在すると思いますが、これほど具体的にポイントをついた実務書は見当たりません。なぜ日本企業の経営戦略は機能しないのかということをメインテーマにして50問の設問に答えることにより、自分のフレームワークに対する理解度を認識することができます。

コンサルティングフェーズごとにフレームワークと適用ポイントを記入して鳥瞰図をつくると、とても強力なツールになるような気がします。

読み終わってもすぐ本棚にはしまいたくない一冊です。
posted by orataki at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサル技法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。