head.jpg

2009年03月05日

知の衰退からいかに脱出するか


<THINKに至る5段階>

IBMのセミナーに行くと、その会場の演壇にある机に「Think」の文字があることに気づかれた方も多いでしょう。これは100年前、IBMの創業者トーマス・ワトソン・シニアが会議中に檄を飛ばした言葉です。

会社のコンセプトとして、「お客様の便益に寄与するため、革新に向かって創造的に考えよ!」と呼びかけたのものです。IBMのソリューションは「値が張る」と思いますが、単なる値引きではなく「考える」という付加価値をつけ、顧客満足を得ているのだろうと思います。

いつの時代においても「考える」という基本的姿勢は重要なはずなのですが、どうも近年の日本人は考えない人があまりにも多い。いや、思考停止に陥っていると言っても過言ではないと警鐘を鳴らしている本があります。

suitai.jpg大前研一氏の「知の衰退からいかに脱出するか」です。これでもかというくらい、日本人をバッシングしてくれています。これくらい叩かれると凹んでしまうものですが、個人的には共鳴できる部分が多くあり溜飲が下がる思いでした。とくに共鳴した部分は平積みされた「ノウハウ本」が売れているということへの危機感です。

大前氏はこのような状況が「考えなくなった日本人」の証左であるとしています。つまり、いかにしてラクをして果実を得たいか、いかに考えずに得(トク)したいかということです。

今まで多くの本の読後感想をエントリしてきましたが個人的にはノウハウ本はあまり好きではなく、買っても最後まで読めず挫折してしまいます。単純に「ずるさ」を感じているからでしょうか。

本書ではもう少し深堀りし、根幹となる日本の教育や日本人独特のメンタリティにも言及していますが、世界を股に駆けている大前氏の論理は非常に説得性があり、それゆえ行く末の恐ろしさも感じずにはいられません。(たとえば膨大な国の借金は最終的にはどうなるのでしょうかね)

いかにして知の衰退から脱出できるか、いかにして低IQ社会の一員から脱却できるのかを、この本を通して議論することは無駄ではないでしょう。
posted by orataki at 22:49| Comment(5) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは!初めてコメントさせていただきます。

趣旨と異なるかもしれませんが、私も最近の政治に対する世論の反応を見ていると、日本人は考えていないなと思うことがあります。本質と異なる部分の、揚げ足取りに近いようなマスコミ報道に世論が左右されすぎだと思います。

翻って自分はどうかと考えると、自分にも当てはまる部分があります。最近診断士の資格に合格したのですが、「合格して資格を取得する」ことが目的で、本質である「資格をとった後、何をしたいか」を全く考えていませんでした。資格の勉強をすることで、「自分は努力している」と安心したかっただけなのかもしれません。

色々考えさせられました。
Posted by D20 at 2009年03月06日 00:13
** D20さん
はじめてのコメントありがとうございます。まずは合格おめでとうございます。中小企業診断士試験は稀有な「考える試験」でもあります。これを突破された方は「十分に考える素養」はあると思います。しかし、取得後も大事でこの「考えるクセ」を劣化させないようにしないといけません。それは「考える力」とは別に「維持する力」でもあると思います。そのためにはD20さんのおっしゃるとおり、目的を問うことですね。また、コメントをお寄せください。いろいろ意見交換いたしましょう。

Posted by orataki at 2009年03月06日 07:17
こんばんは。ありがとうございます。
自分の場合、考える力に加えて、考えたことを正確に
伝える力も意識して磨く必要があると日々痛感しています。

遅れましたが、私は最近2回ほど診断士の研究会を
見学させていただいているSです。
ブログにコメントを書き込むことが初めてだったので
勝手がわからず、失礼がありましたら申し訳ありません。

今後も拝見させていただきます。よろしくお願いします。
Posted by D20 at 2009年03月10日 23:18
** D20 さん
イケメンのSさんでしたか。どんどんコメントいれてください。それが「伝える」ということですから。バッシング歓迎。切磋琢磨の場としてもブログを活用いたしましょう。
Posted by orataki at 2009年03月10日 23:35
ありがとうございます。イケメンではありませんがSです。
ブログは今まで「食べず嫌い」でしたが、読むのもコメントを書くのもいい勉強になりますね。
これからもコメントいれさせていただきます。

Posted by D20 at 2009年03月12日 19:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115202018
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。