head.jpg

2009年03月25日

パワポ依存症候群

今日は支会イベントの準備委員会に顔出ししてきました。そこでの気づき。そのイベントでは当初プロジェクターによる説明を予定していましたが急遽取りやめになりました。理由は簡単。そうまでしないと説明できないようなことではないということ。

私たちはパワポ+プロジェクタという組み合わせでプレゼン技術は向上しました。しかし、真のプレゼン能力が向上したわけではありません。むしろ絵で誤魔化すことによって能力は低下したかもしれない。うまい話術がなくてもソコソコに言いたいことを伝えることができるようになりました。

だからいきなり後ろのスクリーンに映し出すものが何もないと満足な講話ができないという状況になることもあるのではないでしょうか。自分でも知らず知らずのうちに「パワポ依存症候群」になってしまうのではないかと心配になることがあります。

クルマにより足腰が弱体化し電卓によって計算知能が劣化しネットによって読解力が減退し、パワポによって話術が磨耗する、このような「知らない間の劣化」が忍び寄っていることを意識しないといけませんね。週末の発表は絵で語るのではなく言葉で語ろうと思います。
posted by orataki at 23:55| Comment(6) | TrackBack(0) | スキルアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。全く同感です。
以前、「話し方教室」に通っていたときに、講師の先生が「パワーポイントも資料も、あくまで話の引き立て役のはず。最近は逆になっている人が多い」とおっしゃっていました。「パワポさえ作ればあとは何とかなると思っている人が多い」と聞き、思わずわが身を省みてしまいました。

話は変わりますが、最近は小学生でもパワポを使うようです。学校では「パワポは紙芝居」と教えているようです。
Posted by miki_renge at 2009年03月28日 05:57
** miki_rengeさん

コメントありがとうございます。このエントリを書いた手前、今日の発表は紙芝居にならないように気をつけましたが、なかなか難しいものですね。
Posted by orataki at 2009年03月28日 23:03
こんにちは。本日はお疲れ様でした。

今仕事でコンサル報告書を作成しているのですが、まさに、この記事と同じことを実感しています。
パワポ依存症候群は、陥っていることになかなか気付かないのが怖いですね。

ブログに関連する記事を書いてみました。
Posted by kirapapaSat at 2009年03月28日 23:33
** kirapapaさん
コメントありがとうございます。気づきの前にパワポを作ってしまったのでコテコテとした見苦しい画面を披露してしまい失礼しました。アニメーションは最小限に押さえたいと思います。
Posted by orataki at 2009年03月29日 07:43
こんにちは。

研究会のプレゼンは分かりやすかったですよ。
さすがだと思いました。

ちなみに私はアニメ使うのは大好きです(笑)
Posted by kirapapaSat at 2009年03月29日 10:48
** kirapapaSatさん
過分な評価ありがとうございます。今後もプレゼンには注力してまいりますのでご指導のほどお願い申し上げます。
Posted by orataki at 2009年03月29日 21:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。