head.jpg

2009年05月05日

ハーフマラソンを通して見えたもの

決戦に臨み、善戦を誓い合う二人
P1010522w.jpg

きょうは伊那谷で「なかがわハーフマラソン大会」に参加してまいりました。足が義足のようになっています。診断士最強のランナーには負けてしまいましたが得るものが多い大会でした。今までのマラソンとは違いすごくアットホーム。村おこしの一環なんでしょうけれど、村人が一体なってマラソンを創っていることを実感しました。スタート直後の和太鼓による送り出しは山々に鳴り響き「いざ出陣」を想起させる出色な企画でした。

最初はコースの高低差ばかりに気をとられていましたが、よくよく見てみると村をすみずみまで見れるように各住民の軒下を通るようなコース設計にしてあります。

遠くには雪を頂いたアルプス連邦が広がり眼前は天竜の清流と田園風景、そして軒下では杖をついたお年寄りや元気な子供たちが家族単位に応援してくれます。何人の子供たちとハイタッチをしたでしょうか。「オジサンがんばって〜」という可愛い声援。(オニイさんでしょうがぁ〜)苦しいながらも楽しい(いわゆる苦楽しいという感覚)思いをもらいました。

精神的だけでなく物的にもいろいろご馳走になりました。軒下を走るとき、水以外にも自家製の果物や漬物が振舞われていました。バナナ・イチゴ・リンゴジース・キュウリの漬物・梅の甘漬けetc。走りながらこれだけ食べてればタイムは悪くなりますね。(笑)これ多分、企画外のサービスだと思います。それが伝わってくるんです。

伊那という場所は中央アルプスと南アルプスに挟まれて今もって東京からも名古屋からも遠い存在です。全国区となるような特産品も寒天くらいできわめて地味な土地です。それがまた遠い存在にしている。しかし、だからこそ残る人情や純朴さもあるわけです。

自分勝手なことを言わせてもらうならばずっと遠い場所であってほしい。ハーフマラソンではそんなことを考えさせられました。
この記事へのコメント
お疲れ様でした。
地方は都会に近づきたいという気持ちがある一方、遠くでありたいという気持ちもあるのではないでしょうか。矛盾していますが、これを両立する方法があればいいですね。
Posted by kaits at 2009年05月06日 09:41
>両立する方法があればいいですね

かなり難しいテーマですね。インターネットが普及して、時間・距離は縮まったといいますが心理的には一定の距離を保つことがいいことなのかもしれません。多分、都会のビジネスモデルに違和感・異質感があるのではと思います。
Posted by orataki at 2009年05月06日 10:06
いろいろな意味でおもしろく収穫のあったマラソンでしたね〜。

伊那は、かつて仕事でよく行った場所です。
確かに不便なところですよね・・・。東京から行くには、高速バスが一番便利かもしれません。
電車だと乗り換えが不便だし、岡谷あたりが大雨で不通になてしまったことも。。。
でも、人の良さは本当に感じました。伊那が地元だったら地元で働きたいと思うだろうな。。。
Posted by lamb_labo at 2009年05月06日 12:57
** lamb_laboさん
コメントありがとうございます。仕事でいかれてたんですか。たしかに高速バスのほうが便が良いですね。出張のときも飯田線は使わず、高速バスか岡谷まで営業にクルマ出してもらいますものね。田舎といっては失礼かもしれませんが田舎の人はいい人ばかりですね。(ご馳走になったからいうわけではありませんけど)
Posted by orataki at 2009年05月06日 13:19
最強ランナー(嘘)です。昨日はお疲れさまでした。
また、駅まで送っていただきありがとうございました。

いい場所でしたね、中川は。

高速バスを間違えたり、飯田と飯島を混同していたり
したせいで、移動に予想外に時間がかかってしまいましたが(笑)、
村の人とのコミュニケーションが本当に楽しかったです。
ぜひ来年また出たい大会だと思います。
Posted by ペパチェ at 2009年05月06日 14:31
** ペパチェさん
コメントありがとうございます。今回のマラソンを通してマラソンというのは2種類あるんだなと感じています。ひとつはガチでマジで走る競技型。もうひとつは自分が気持ちいいと感じる速さで走るファンラン型。なかがわハーフは手をつないでゴールする親子マラソンがあるくらいですから後者ですね。RUNNETの人気投票も90点越えしていて東京マラソンを追い抜く勢いです。また、どこか(湘南国際?)で走りましょうね。
Posted by orataki at 2009年05月06日 16:31
感想お見事。
挑戦し続ける姿勢と行動力。
ただただ感服です。

Posted by オレユニ at 2009年05月06日 21:31
** オレユニさん
コメントども。大会委員長挨拶で「自己責任」で走ってくださいと言われたときにはちょっとビビリました。(倒れたら救急車は期待できないんじゃないかと・・・)妻と母の制止を振り切って走った甲斐がありました。
Posted by orataki at 2009年05月06日 23:22
僕も昨年は色々町おこしのマラソン大会出ましたが、マラソン走って帰るだけで、街を知らずに帰ってましたわ。でもそれが現実で。ラン中に街をわかることができるイベントが僕みたいな日帰りランナーにとってはbestなんですよね。是非、出場したいです!!
Posted by togamim at 2011年02月03日 20:20
** togamimさん

さっそくコメントありがとうございます。景色の良いところです。是非、一度行ってみてください。
Posted by orataki at 2011年02月03日 21:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

なかがわハーフマラソンドキュメント
Excerpt: 信州なかがわハーフマラソン 公式サイト 僕のマラソンデビュー戦@長野県中川村。当日は、 ・レース本番独特の高揚感 ・曇り(小雨)&冷涼という、走るのに適したコンディション ・足..
Weblog: 中小企業診断士ペパチェの議 〜2nd Season〜
Tracked: 2009-05-06 12:16
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。