head.jpg

2009年05月13日

秀逸なREPORT


駅前で政治家のチラシを受け取りました。「ASAO Report」とあります。最近はこの手のチラシは必ず受け取り一読するようにしています。思考停止になったらよい政治家を選べないと思うからです。雰囲気で選んだり甘言に惑わされるようにしないといけません。本質を見抜く目を養わなければ。

今日は秀逸な文章を目にしたので紹介しておきます。アメリカ大統領オバマ氏を引き合いに出しています。以下引用

オバマ氏は従来型の相手と自分の違いを際立たせ、二元論により国民を説得する手法をあまり取りません。白人の米国も黒人の米国も無くあるのは一つの合衆国だという彼の演説の論調に象徴される様に、すべての人に自分もその一員だと認識させ課題に対する参画意識を持って行動してもらう様に演説します。


問題の構造を簡素化して二元論に仕立て上げイエスかノーかを選択させればわかりやすいです。しかし、世の中の問題構造は単純ではありません。キチンと考えなければいけません。そのためには皆に参画意識を持ってもらうようにしなければなりません。

浅尾氏は民主党ですが政権交代が目的ではなく手段であると言い切っています。目的は世の中の人が幸せな暮らしを営むこと。そのためには与党も野党もなく超党派で取り組むこともありだと。今までこのような理念のしっかりした政治家の文章を目にした事がなかったので取り上げてみました。

「共感を呼ぶ政治」

是非実現して欲しいものです。
posted by orataki at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方・考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。