head.jpg

2009年08月12日

HACHIを観た



「HACHI 約束の犬」を観てきました。夏休みの映画はお子様向けにアニマルものが多くなるような気がしますが、期待通り家族連れは多かったです。館内が子供の嬌声で騒々しくなるのではないかと心配していましたが杞憂でした。皆、食い入るように映像を見ていたようです。

この映画、ちょっと無理があるのではないかと思っていました。秋田犬をアメリカに持ってきてリチャードギアを主人にしているわけですからしっくりきません。また、面白いストーリー展開があるわけではないのでどうやって引っ張るのだろうかと。

しかし、淡々とした風景であればあるほど胸にこみ上げるものがあります。最後は主人の帰りの待つHACHIの姿を見ているだけで涙してしまいます。犬を飼っていらっしゃる方は自分の飼い犬とHACHIをダブらせて観ているはず。

程度の差こそあれ犬は忠義な生き物です。一瞬一瞬が直球で裏切りとは無縁な存在です。今日改めてそう感じました。それにしてもこの犬たち(子犬・成犬・老犬)の演技はすごい。半年以上訓練したといいますから下手な俳優以上です。

涙腺刺激度は★★★☆☆
posted by orataki at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/125615767
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。