head.jpg

2009年09月11日

幻のゴーヤ祭り

s-DSCF2060.jpg

ご覧のとおり、見事に黄色いゴーヤができました。勿論、失敗作。もっと大きくなぁれ、もっと大きくなぁれ、と願っているうちにいつの間にか逝ってしまいました。

名言集に「刈り取ることばかりに気をとられて種まきをおろそかにするな」というものを取り上げましたが、刈り取りすらうまくいかない。園芸のプロ、農業のプロの方ならこのようなヘマはやらないでしょう。ゴーヤ祭りも緑のカーテンも失敗ということになりそうです。

さて、中小企業のホームページ構築支援は第二フェーズ、つまりアクセス数アップフェーズに入りましたが壁にぶち当たっています。関係者以外からは、ほぼアクセスがない状況に陥っています。

検索エンジンにひっかからなければ話にならないのですが、とにかく情報発信量が少ないのです。ブログと連携させてとにかく訪問してもらうことを狙い、社長日記を書いていただくようお願いしていますが足取りは重いです。

ブログというのは書ける人は書けるけれど、書けない人は書けないということなのかもしれません。先日の週末起業フォーラムでも情報発信の重要性を説かれていましたが、そう思いつつ発信できない人は一定数いるのだと思います。

ホームページもブログも情報発信ツールに他なりません。自分が代行してあげれば簡単ですが、それでは先方のためにも私のためにもなりません。「魚を取ってあげるのではなく魚の釣り方を教えてあげる」という難しさをかみ締めています。
posted by orataki at 06:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 中小企業診断士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ゴーヤ、残念でしたね。。。
来年またリベンジを!

それにしても園芸というものは難しいです。ある意味哲学。実や葉の小さな変化に右往左往している人間の様子に、草木は何を思っているのでしょうか??
Posted by lamb_labo at 2009年09月13日 15:00
** lamb_labo さん

コメントありがとうございます。

哲学

ですか。奥が深いという意味では納得です。極めれば植物との対話というところまで行き着きます。今回はゴーヤとの十分なコミュニケーションが取れていなかったからなのかもしれませんね。
Posted by orataki at 2009年09月13日 17:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。