head.jpg

2009年10月15日

ユーザー心理

今日は某クライアントの要件定義の最終日。これで要件が固まり、見積もりが可能になるはず。おおかたの詰めは行われていたので、今日はちょっとしたチューニングのつもりだったのですが。。。。

案の定、「仕様は膨らむ」の格言どおり、スンナリとはクローズしませんでした。「手作業が大変だからシステム再構築するんじゃないの?」総務部長の顔は険しくなります。

私の立場は投資対効果の小さいものはシステム化させないこと。これは経営者の立場でも同じこと。やはりユーザーは開発費用との兼ね合いを置き去りにしています。とにかく自分のところの作業はやりにくい、だから開発する必要がある、という直線的思考。早い話が部分最適。

経営的視点に目覚めさせるのもコンサルの仕事。疲れるといえば疲れますが、やり甲斐もあります。さて、要件整理の仕事を詰め込んで旅支度でもしようかと思います。
posted by orataki at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサル技法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。