head.jpg

2009年10月31日

10月度のIT.経営研究会

IT.経営研究会に顔出ししてきました。なんと15名の参加。見学者が多かったせいもありますが大盛況?でした。恒例のアンケートは以下のとおり。成績は3タテ食らいました。

1)相変化メモリ

 光ディスクのように材料の結晶構造を変化させることで情報を記憶する不揮発性メモリ。PRAM(phase-change RAM),またはPCM(phase- change memory)とも呼ばれる。相変化メモリは,フラッシュ・メモリのような消去動作が不要で,読み出し速度もDRAM並みに高速であることから,将来的には携帯電話機などに利用されるNORフラッシュ・メモリやDRAMを置き換える技術として期待されている。(日経エレクトロニクスより)

<どうも、ディスクとか、メモリとか媒体系の用語には弱いです。だから情報系AMがダメなんですね。>

2)フリーミアム戦略

基本的なサービスを無料で提供し、さらに高度な機能や特別な機能について料金を課金する仕組みのビジネスモデルである。「フリーミアム」(Freemium)という単語は、「フリー」(Free、無料)と「プレミアム」(Premium、割増)という、ビジネスモデルの2つの面を組み合わせて作られた合成語である。フリーミアムのビジネスモデルはWeb 2.0企業の人気を得た。(wikipediaより)

<マックの無料コーヒーがこれに相当しますね。ウチのコンサル部門でもフリーミアムやってます。コンサルって敷居が高いから敬遠している企業も多いのですが無料コンサルメニューを使って実感してもらうようにしています。>

3)セマンティック検索

セマンティック検索とは、キーワードで検索する現在の「キーワード検索」とは異なり、検索ユーザーの知りたいことが何かを読み取ってから検索する技術である。たとえば、「楽天」というキーワードが、ショッピングモールの楽天を指しているのか、あるいは、ただの楽天家を指しているのか、推測するような技術ということ。

<あんまり先回りされてしまうと検索しにくくなると思うんですけど・・・>

さて、気になるIT記事は以下のとおり。

1)Silicon valley 探訪記 (私)

写真でトピックを紹介。シリコンバレーでは水を持っている企業が金持ちの証。オラクルは堀のような池と噴水がその勢いを象徴していました。

2)Googleトレンド

グーグルが提供する検索キーワードのボリューム推移。これで会長のアンケートのバズワード探しするのも一興かと思います。

3)Googleアドワーズの歩き方

月間ボリュームが10000件前後が狙い目のようです。中小企業はもっとアドワーズを利用したほうがよいと思います。

4)携帯電話を使用した屋外型音声観光ガイド

これいいですね。多分、将来利用すると思います。海外でも使えるといいなぁ。

5)個人と企業に定着したフィード

定着したか実感はちょっと。。。

6)導入しやすさ増すUISS

企業戦略からスキル設定していくのはかなり難しいと思う。コンサルとか専門家をいれないと難しいのでは?

7)アフェリエイトで配布、月に3000万円稼ぐ会員も。

偽ソフトの配信者の手先になって3000万円とは。。いまのところ海外の話のようですが。

8)業界No1の「約1500回」繰り返し使える新「エネループ」を発売

恥ずかしいお話ですが、エネループって知りませんでした。

9)次世代ネット乞食プラットフォーム「金くれ」

奇特な方はどうぞ恵んであげてください。OpenIDですし。(私は振り込みませんけど。)しかし、ハンドルネームで口座開設できるのかな?

10)ワンクリックで顔写真がキレイ:PicTreat

シミ・ソバカス・ニキビきれいに除去してくれます。お見合い写真に最適。

11)落書きから写真を合成:Photo Sketch

落書きにあった画像を集めてきて編集してくれる。著作権侵害が心配。


posted by orataki at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 中小企業診断士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/131752603
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。