head.jpg

2009年12月13日

港の見える研修会場

昨日は診断士の理論政策更新研修に参加してまいりました。今回は地元神奈川支部主催の研修です。今までは東京支部主催の研修ばかり出ていましたがたまには視点を変えてみるのも良いでしょう。情報収集した範囲で感じたことは東京周辺の神奈川や千葉の研修はそれなりに特色を出しているなということです。

今回の会場は山下公園に程近い港の見える建物。更新研修というのはある意味、義務化された研修ですが景色が良いとか食べ物が美味しいとか、買い物ができるとかそのような「楽しみ」を勝手に付加価値にしてしまうと前向きになれます。

例年、駅から遠いというアンケート結果が散見されるようですが私は研修会場としては良いところだと評価しています。関内から山下公園にかけてゆっくりと散策し、中華街で美味しい料理に舌鼓を打つ。昨日のように小春日和であれば最高です。

さて、研修内容ですが地財活用企業の経営者、石油類販売の経営者からのお話2点と、中小企業金融支援の実際を金融の専門家から説明いただきました。東京支部では経営者を招聘して講演するというメニューがなかったのでこれは新鮮でした。

また、経済産業省の御役人の施策の話も参考になりますが、現場の話を聞くほうが面白いです。銀行はどのような基準で融資判断をしているか、融資される事業計画のポイントは何か、銀行の本音と建前はどうなっているのか。やはり本音トークは人をひきつけるものがあります。

おかげで居眠りせずに研修を終えることができました。この会場の机は教室型の配置ではなく、扇形の配置になっていました。扇形だと受講者双方の顔が良くわかりますし、対話をしようという雰囲気になります。居眠りや内職の防止にもなります。小さな支部であればこそ出来ることなのかもしれませんが、このような気配りも大変参考になりました。
posted by orataki at 06:24| Comment(2) | TrackBack(0) | スキルアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最近,登録した新米者です.年は食っていますが.関西在住です.これからは,東京方面の理論研修にも参加しようと思ってる先,先生のブログを拝見しました.

山下公園,いいですね,次回はぜひ参加したいと思います.
Posted by 策 at 2009年12月13日 08:45
** 策さん
コメントありがとうございます。関西在住ということは出張が多いということでしょうか。関西の診断士の方とも多く交流したいと思いますので、機会があれば情報交換などしたいですね。今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by orataki at 2009年12月13日 09:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/135487784
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。