head.jpg

2009年12月17日

惜しむ気持ち



先日、銀座の某所で打ち合わせに行った時のこと。ウェンディーズには長蛇の列ができていました。ご存知のとおり、ゼンショーがフランチャイズ契約を更新しなかったため年内でウェンディーズは姿を消します。最後にハンバーガーを食べておこうと行列ができたのでしょう。

このように、これが最後となると今まで見向きもしなかった人たちが足を運んできます。伊勢佐木町の松坂屋、逗子海岸のデニーズなど惜しまれつつ閉店していったところも数多くあります。

見納め、食べ納め、聞き納め、そして今までの贖罪の気持ちもあるでしょう。小売店舗だけの話ではありません。ダンゴ鼻の新幹線や旧型の列車、明治昭和の面影が残る建物等等。そして2009年という年もあとわずかでなくなります。

今年を惜しむ気持ちを持って残された数日間を有意義に過ごしたいものです。PS:来週は食べ納めということでスーパーメガウェンディーズを食べに行こうかと思います。



posted by orataki at 22:05| Comment(2) | TrackBack(1) | 生き方・考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。

私の会社の近くのウェンディーズはさほど行列ができていません。(穴場?)
来週は私もぜひ食べ納めしようと密かに狙ってます。
Posted by kirapapaSat at 2009年12月17日 23:18
*kirapapaSatさん
コメント感謝です。東京は並ぶのがファッション化しているのかもね。あるいは消滅することを知らないのかな?
Posted by orataki at 2009年12月18日 06:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ウェンディーズなくなってしまうようです
Excerpt: ニュースなどでもうご存じの方が多いのだろうと思いますが、ゼンショーがウェンディー
Weblog: Kaitsのスクラップ・ブロッグ(Scrap Blog)
Tracked: 2009-12-17 22:28
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。