head.jpg

2010年01月08日

同じ店ではランチをしない

kasetsu.jpg
最近、いろいろな本をチョコチョコと読み直しています。どちらかというと泥臭くて力技的な仕事が多くなっているので初心忘れるべからずということで。

そこで再読しているのが「仮説思考」です。これ、コンサルタントの基本中の基本。今取り組んでいるコスト削減の仕事に欠かせない思考です。仮説思考を支えているものに新しいものへの積極的な取り組みがあります。

このマインドを身近なところから醸成しようとコンサル仲間へ提案しました。それはランチは今まで一度も入らなかった店にするということ。これからは、ひたすら新しい店で食事をする。

私の仕事場の近くは飲食店が多いのですがランチは保守的で4、5軒をローテーションさせているだけ。食事に関してはコンサルメンバーの思考回路はふさがったままなのです。この提案は喜んで受け入れられ今日からスタートしました。未開の店から得られる刺激もなかなか良いものです。
posted by orataki at 22:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 生き方・考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まずい店にあたると、その日はコンサルやめちゃうとかは、ありえませんね(^^)
Posted by kaits at 2010年01月09日 08:46
**kaitsさん

コメントありがとうございます。フリーの身ではないのでそこまで過激にはできません。(失礼、フリーでも無理か)
今まではまずそうな店や高そうな店は入りにくかった、というか仲間の合意が得にくかった面があります。しかし、ハズレな店でも「ここを改善すべきだ」という議論ができるので、それもプラスだなと考えるようになりました。これが飛込み営業ならぬ飛込みランチの極意ですね。
Posted by orataki at 2010年01月09日 09:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/137776347
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。