head.jpg

2010年01月17日

1月度のIT.経営研究会

昨日はIT.経営研究会と某商店街の診断報告会に参加してまいりました。

●まず、IT.経営研究会の報告から

恒例のアンケートは恒例の3タコ

【問題】
1)パターン・ベースト・ストラテジ
2)クリックジャッキング
3)CULVノート

【解説】
1)パターン・ベースト・ストラテジ(PBS):顧客の思考や行動、物事の変化には一定の「パターン」が潜んでいるが、膨大な情報のなかから「勝ちパターン」を示すシグナルを探し出し、他社に先駆け行動に移す必要がある。市場に存在するパターンを発見してモデル化し、自社のSWOT(強み・弱み・機会・脅威)を把握しながら戦略を立案することを指す。 (Itproより引用)

2)クリックジャッキング:外見上は無害に見えるウェブページをクリックしている間にウェブ利用者をだまして秘密情報を露呈させる、あるいはウェブ利用者のコンピュータの支配を獲得する悪意の技術。各種のウェブブラウザとプラットホームに渡る脆弱さ突き、他の機能を実行する為のボタンをクリックするように埋め込まれたコードやスクリプトの形態をしているため利用者は気付かない。 (Wikipediaより引用)

3)CULVノート:超低電圧版のCPUを搭載した低価格薄型ノートパソコンのこと。中心価格帯は7万円前後から10万円前後。光学ドライブを搭載していないなど、機能・性能面での違いはあるが、一般の人なら必要十分な性能を持っている。
http://www.yomiuri.co.jp/net/qanda/20091016-OYT8T00769.htm 参照)

【コメント】
1)日経ストラテジーネタだったので、熟読しておけば回答できたのに残念。今後はしっかり目を通すよう心がけたい。
2)気がつかないのは恐ろしい。どう防御するか、情報収集する価値はありそうです。
3)eee-PCで失敗したのでこのゾーンには注目。次機はこのへんを狙うことになりそう。

気になるIT記事は以下のとおり

1)外付けプラス2000円でLAN接続
  出先から自宅のHDDにアクセスできるなら安いものです。

2)国の電子申請非効率
  ネタ的には古いですがバラマキも景気浮揚のための必要悪という意見に考えさせられました。

3)顔認証のUSBメモリー
  機能というよりニコちゃんマークのデザインで勝負という感じ。わざわざWEBカメラつけてまで認証しようとは思わない。

4)アイピーフレックス破綻の真相について
  ベンチャー企業は失敗と復活を繰り返す。失敗とは何なのかを考えさせられた。

5)丹後地域ふるさとケータイ事業/社外の情報から気づきを得る
  これからはGPSをビジネスモデルにどう取り込むかが勝負とみた。

6)ネット上からの不正コピペを判断する支援ソフト「コピペルナー」
  大学教授が開発したということからいまどきの学生の論文コピペのひどさを推測してしまうがどうだろうか。

毎回、雑談ネタ的に盛り上がっていますが、「楽しく知識を得る」という観点でこの研究会の記事持ち寄りは優れたしくみだと思います。

●そして夕方からは商店街診断報告会に参加

5人でチームを組んで診断にあたったので各自が担当分野を発表す形式をとりました。この商店街は、シャッター通りがあるような衰退している商店街ではなく、どちらかというと活気のある商店街です。しかし、全国的共通課題である少子高齢化による近隣顧客の老齢化対策は手当てをしておかないといけません。

商店街のホームページ作成というところでお役に立てるのではないかと参加させていただきましたが、調査・分析・コンセプト作りなどメンバーから高度なノウハウを共有させていただき有意義な診断でした。今回の診断プロセスは以下のようでした。

1.現状調査(通行量調査・アンケート調査)
2.現状分析(来街者数の分類・人口の推移・構成比)
3.ビジョン・方向性の検討(ブランドコンセプト定義)
4.提案(組織運営・WEBサイト運営)

発表のトップバッターは私だったのですが結構いろいろなツッコミを受けました。メンバーの都合上、通行量調査は日曜に行ったのですが、平日と休日では通行量に大きな差が出ます。ここをフォローできていなかったことが反省点です。

ツッコミが厳しいということはそれだけ真剣に取り組んでいる証拠です。それゆえ商店街に活気があるのでしょう。我々はツッコミに耐えうるコンテンツを提供してゆかなければなりません。
posted by orataki at 12:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 中小企業診断士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様でした。また、情報ありがとうございます。
研究会は今後もしっかり続けるつもりです。
よろしくお願いします。
Posted by 佐川 at 2010年01月17日 13:40
** 佐川さん
「万難を排す」「いざ鎌倉」という言葉はIT.経営研究会のためにあるようなものです。ニュービジネス研究会くらい歴史のある研究会にしましょう。
Posted by orataki at 2010年01月17日 18:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/138540267
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。