head.jpg

2010年03月01日

徹底のリーダーシップ

tettei.png「徹底のリーダーシップ」を読了した。これは柳井氏の著書ではない。グローバル企業の経営アドバイザーであるラム・チャラン氏の著書である。リーダーシップについて書かれた書籍は数多くあるが、リーマンショックという危機的状況下におけるリーダーシップを描いているという点において今日的であり実用的である。

危機への対応は経営者のみの話ではない。企業の各レベルの社員があたかも経営者のごとく経営者マインドを持って事に当たらないとこの難局は乗切れない。本書では各レベルのキーマンを「マーケッチング責任者のすべきこと」「CEOのすべきこと」「CFOのすべきこと」「現場リーダーのすべきこと」「スタッフ責任者のすべきこと」「取締役会のすべきこと」とコンパクトにまとめている。

書いてあることはごく当たり前のことなのだが、これを徹底的にやるれるかどうかが勝敗の分かれ目となる。難局におけるリーダーに必要な6つの資質の中で一番印象深いのは「楽観的な現実主義者であること」である。
posted by orataki at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/142520613
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。