head.jpg

2010年04月04日

受動喫煙防止条例の吉凶は?

今日は湘南月例マラソンに参加してまいりました。前回、300位だった順位が240位にあがりました。わずかずつではありますが記録が向上していくことは大きな励みになります。適度な競争環境は必要ですね。

さて、今回は後輩のSEであるA君と走ったのですが、彼は東京から来ているので終了後、お茶でも飲んでいこうということになりました。近くにマクドナルドがあったので覗いてみると時間が早かったせいか中は空席が目立ちます。さっそくオーダーをしようとしたのですがやめる事になりました。この店は全面禁煙だったのです。

A君はヘビースモーカー。私のほうで気を遣って別の店を探すことにしました。(マックは時間分煙または区間分煙だと思ったのですが3/1から神奈川では全面禁煙店を増やす方針に切り替えたそうです)思えば神奈川県では4月より受動喫煙防止条例が施行されているのです。

神奈川県ではこれから多くの飲食店で喫煙が制限されることになるのです。東京から遊びに来るスモーカーの方は少しばかり心積もりしておいたほうがよさそうですね。ちなみに条例は以下のようになっています。

・第1種施設は禁煙

 学校、病院、薬局、映画館、集会場、神社、寺院、教会、運動施設、公衆浴場、百貨店、金融機関、公共交通機関、図書館、博物館、美術館、動物園、遊園地、老人ホーム、保育所、官公庁施設

・第2種施設は禁煙か分煙を選択

 飲食店、ホテル、旅館、ゲームセンター、カラオケボックス、場外馬券発売所、場外車券売り場、場外舟券発売場

・特例第2種施設は努力義務

 パチンコ店やマージャン店など風営法対象施設、調理場を除いた床面積100平方メートル以下の飲食店、床面積700平方メートル以下のホテルや旅館

以前、ワタミグループの渡邉美樹社長が経営者視点で条例は時期尚早とコメントしていましたが喫煙する顧客は県外に逃げてしまうのでしょうか。分煙に設備投資できない中小業者は淘汰されてしまうのでしょうか。少なくとも団体客の消費行動は変わってくると思います。禁煙環境を痛みを少なくしながらソフトランディングさせる、これは難しい問題ですね。
posted by orataki at 14:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「受動喫煙防止条例」だけでなく、吸殻をポイ捨てして公道を汚染する罪人を取り締まるための、罰則のある「路上喫煙防止条例」も制定してもらいたい。
Posted by 鳩山由紀夫は嘘つき脱税王 at 2010年04月04日 19:00

経験なくても何とかなるなる!!ヽ(=´ω`=)ノ
ココって女が全部リードしてくれっからな!!!!
てか俺、マジでほとんど寝てるだけだったぞwwwww
http://murapon.net/oimo/ofjcb1e/
Posted by どぅわははは!!!! at 2010年04月10日 10:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。