head.jpg

2010年04月12日

中小企業もIFRSと無関係でない

昨日はITC研修に参加してまいりました。お題は「IFRSの概要と中小企業ビジネスプロセス変革へのインパクト」です。

テーマとしてはタイムリーであり、中小企業も無縁ではないという視点に興味を持ちました。中小企業も対象になりうるということでビジネスの幅は広がります。

IFRSに関しては日本は独自の発言力を持たないままアメリカ追従型のスタンスを取っているようですが、これからはコンバージョンという仕組みの中で独自のスタイルが出てくるのではないでしょうか。

最終的には2015年に適用されますが準備期間を考慮するとここ2−3年が勝負どころ。私たちコンサルのフィールドは情報システムへのインパクトをどのように認識してもらい、どのように導入につなげるか。その企業にあった姿は何かを指し示すこと。

まだ手探り状態が続く中、非常に有意義な研修でした。
posted by orataki at 06:08| Comment(0) | TrackBack(0) | スキルアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/146289965
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。