head.jpg

2010年04月24日

ブレイクスルーポイント

「前方にいる亀をウサギは追いつくことも追い抜くこともできない。ウサギが亀の場所まで行く間に亀はわずかに進むし、さらにウサギがその場所まで行く間にも亀はまた少し進む。よって永久に追いつくことも追い抜くことも出来ない。」

このようなクイズまがいの話を一度は聞いたことがあるでしょう。これはゼノンのパラドックスのひとつで、明らかに現実と違っているのにその矛盾を旨く説明できないものです。これは追いつく地点までの距離を無限分割しているだけで、それを「追いつけない」「追いつけない」と言っているだけです。

実は私たちのなかにもこのようなバラドックスに陥っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。「出来ない」と思い込むことの無限連鎖。自分もたまにこの罠にはまることがあります。実際にはこの内向きの無限分割からブレイクスルーする気持ちの切り替えが大切です。外側を考えればよいのです。

診断士受験を志した当時は過去問を見てとても受かる気がしませんでした。何度も挫折しそうになりましたが積み重ねが出来ていくうちにブレイクスルーポイントに到達したように思います。「突き抜ける感覚」を覚えたのはこのときが生まれて初めてでした。

「ブレイクスルーポイントはある。ポイントの外側を見れば突き抜けることが出来る。」という意識を持てば初志貫徹できるのではないでしょうか。最近は走っていても同じようなことを感じます。

毎回走って、ほんの数秒タイムが短縮される。その積み重ねの先にブレイクスルーポイントがある。どんなポイントかはうまく説明できませんけれど。
posted by orataki at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方・考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/147539884
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。