head.jpg

2010年04月25日

野毛山大道芸

念願の野毛大道芸を見てきました。大道芸を見ていて思うのですが彼らはほんとうのプロです。それは投げ銭(チップ)で生計を立てているからです。私たちは契約に基づいて給料やフィーを頂いています。だから「顧客満足の向上」などという努力目標の概念が出てきます。

チップは顧客満足そのものであり、面白くないと思われたらギャラリーからは一銭ももらうことができません。単に技能だけではなくギャラリーを楽しませ、感動させ、一体となる場つくりの能力が要求されます。彼らにCSの講師をさせたら現実味あふれる話を聞くことができるでしょう。

私は面白いというだけの芸にはチップを出しません。感動したときチップを払おうと思っています。今日、チップを払ったのは2つ。ひとつはアコーディオンパーフォーマンスの「アコる・デ・ノンノン」。もうひとつは中国雑技芸術団でした。
s-DSCF2683.jpg



アコる・デ・ノンノンさんはここの大道芸が終わるとヨーロッパの街角を転々として大道芸をしてまわるのだそうです。チップで生活をつなぐ流浪の旅。気ままにみえるけど結構シンドイはず。アコーディオンが奏でる「ドナウ河のさざなみ」は欧州ムード満点でした。

s-DSCF2677.jpg


そして名前は聞き逃しましたが燃焼系アミノ酸の回転女子で注目された雑技団の美女が究極のバランス芸を披露してくれました。彼女はフランスの大会で優勝した世界一の曲芸師とのこと。(私のタイプでもあります)小泉元首相ではありませんが

「いやー、感動した!」

s-DSCF2666.jpg


前衛的な金粉ショーもありました。
posted by orataki at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/147654038
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。