head.jpg

2010年05月09日

電子書籍の衝撃

昨日はハーフマラソン直後ではありましたが皇居の10キロランニングをしてまいりました。この日、正式に中小企業診断士マラソン同好会に登録しメンバーの皆さんと楽しく走ってきました。さすがに足に覚えのある方ばかりで私はビリでした。走ったら飲むというのがコンセプトなので汗を流した後半蔵門の居酒屋でお疲れさん会へ。しばし、マラソンネタで盛り上がりました。

denshi.jpgということで今日は静かに読書&勉強です。最近読了した本の紹介をしておきます。5/28にi-pad発売ですね。黒船になるのか。出版業界は戦々恐々ではないでしょうか。読了した「電子書籍の衝撃」はなかなかタイムリーな内容でした。

紙からWEBスペースへ、読書の世界はどのように展開していくのでしょうか。最終的にはコンテンツのリパッケージだと述べられています。リパッケージというのは少し難しい概念ですが要するに出版社が作ったフレーム(ランキングやカテゴリーや装丁など)を通さず著者と読者が直接最適なフレームを作り出し取引するということです。音楽業界ではすでに先行されていて曲の単品買いができるようになっています。

広い意味での「中抜き」はやはりインターネットの深化によってもたらされつつあるということです。注目すべきは最終的にどのインフラが使われるかということ。i-padなのか、キンドルなのか、あるいは汎用インフラを操るグーグルなのか。一時期勝者になっても何度でも逆転がある世界。私達はデバイスを選択する目を養いながらも、ソーシャルコミュニケーションを使いこなす感性を身に着けるべきかと思います。

この本を読む前に「神々のWEB3.0」を読むとより理解が深まると思います。
kamigami.jpg


posted by orataki at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/149343562
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。