head.jpg

2010年05月23日

神を降臨させるテクニック

今日はジャイロ総合コンサルティングが主催するコンサルタント養成講座に出席してまいりました。午前中の「セミナー・検収営業の具体策」ではジャイロの専任講師のS先生の講演でなかなか迫力のあるものでした。

今回の参加の目的は講義の中身ではなく講義の仕方を学ぶものでした。その意味からするととても大きな収穫を得ることができました。S先生はもともと話すのが苦手だったという切り口で講義が始まりました。

今日のトークレベルからは想像もつかないこと。やらざるを得ない環境に放り込まれれば人間は変われるものだと実感しました。そしてトークが苦手な自分にとってもやればできるんだという自信を与えてくれました。

多くのポイントを伝授していただきましたので、気に留めておきたいポイントをメモしておこうと思います。

・準備しすぎないこと
  前日までは講義内容をチューンナップする。しかし、当日は手を触れない。当日はアドリブでの回答を出す。このとき神が降臨したような奇跡が起きる。

・印象を残すが勝ち
  5段階評価で2,3,4は意味がない。すぐ忘れられる講師と思ってよい。1でも印象に残れば条件を変えて依頼が来ることもある。また講話の中でフリンジ情報(周辺情報)を与えておくと覚えていてもらいやすい。

・師匠を持つ
  師匠はある意味、ベストプラクティスだ。最初はまねてそこから自分流を見出していくことが必要。

・診断士の肩書きは単価を制約する
  中小企業診断士の肩書きは最初の入り口では役に立つけれど公的機関の講師では診断士であるがゆえに上限が決められていることが多い。個人の名前で指名がかかるようになれば単価は青天井である。そうなったら逆に資格はじゃまになる。

・アンケートで時間が短かったと書かれればしめたもの
  100%出し切って終わってはいけない。20%残すことがリピートにつながる。もちろん80%が面白くなければダメである。アンケートで時間が短かったと評されるのは、時間配分を批判されているのではなく講義の内容が興味深かったということを意味している。




posted by orataki at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサル技法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/150821962
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。