head.jpg

2010年06月03日

i-Phone包囲網

ひさしぶりのブログ更新です。先日、アイフォンを購入いたしました。(オレユニさんより僅差で先に購入!)まだまだ、アップルカルチャーに慣れずに四苦八苦していますが、それはそれで一歩ずつ前進する楽しみになります。

今、話題はi-Padに奪われていますが、i-Phoneも別に廃れたわけでも過去のものでもありません。全体から見ればまだまだケータイが幅をきかせています。

そのような中、わがコンサルチームにもi-Phoneの波が押し寄せ、ケータイ派が少数になりました。まさにi-Phone包囲網が敷かれた感じ。コミュニケーションツールというのは双方が同じような仕様だと親和性がよいので流れができると加速します。

今日、コンサルメンバーが「i-Phone使う上で困ることある?」という質問をしてきました。この質問は購入のステータスが進んだことを意味しています。通常の質問は「i-Phone使うと何がいいことあるの?」でしょう。

つまり、「できること」を聞くのではなく「できないこと」を聞いているのです。これは購入する意思がかなり固まってきて最後の詰めをしていることを示しています。

こう考えるとビジネスの話の進め方もやりやすくなります。コンサルティングという商品はなかなか理解されにくいもので、最初は「コンサルティングを受けると何がいいことあるの?」という質問を受けたりします。

これが「コンサルティングを受けても実現しないことは何なの?」という質問を受けるようになればしめたものです。あと、ひと押しの作戦を考えることになります。注意しなければいけないことは自分から実現しないことを言って釘をさしてはいけないということです。
posted by orataki at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサル技法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/152063570
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。