head.jpg

2010年11月29日

もっとランナー目線で


昨日は小江戸マラソンに参戦。ブログを書こうとしましたが疲れ果ててダウン。ということで今晩書いています。上の表は投票による小江戸マラソンの評価です。現時点の評点は67.5点。この評点が高いか低いかはマラソンに興味のない方はわかりづらいかもしれませんが、かなり低いです。診断士試験なら6割以上で合格ですがマラソンの60点台だと及第とは言い難い。

しかも、好天に恵まれたうえ、ロケーションの良さ、初回のご祝儀ということも考え合わせると厳しい結果となったようです。でもって下の表が私の評価です。合計67点と皆さんの平均点とほぼ同期しています。自己べストが出てもこの点数。要約していうなら机上で練られた現場無視の上から目線プランということになるでしょうか。

トイレをはじめ、いろいろな場所で行列ができているのは需要と供給のバランスがまったく解っていないから。企画メンバーに経験豊富なランナーが何人かいたならこのようなことにはならないと思います。ほかの大会をモニターしていれば当然できることができていません。初回ということがひとつのイクスキューズになっているのかもしれません。あと、事故について一切の責任は自分にある旨、署名させられました。こんなことは初めてです。すごくお役人的な臭いを感じました。一方、沿道の応援には温かい庶民的な匂いを感じました。

来年はもっとランナー目線で企画を検討していただくことを切に願います。





posted by orataki at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/171202505
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。