head.jpg

2011年01月08日

今すぐできるファシリテーション(第2冊目)



先日、1月6日は中小企業診断士口述試験の合格発表日でした。合格された方、おめでとうございます。ほとんどの方が無事通過されたようですね。

二次試験というのは与件をいかに的確にとらえて料理するかという勝負だったかと思います。把握力と料理方法が問われるわけです。いま自分のコンサルティングを見てみると、与件というのはそう多く与えられていません。どういう課題が隠れているのかは顧客とのセッションを通じて取得することになります。

うまく取得するにはためのスキルとしてファシリテーションがあります。多部門の人を集めて話し合いをさせるということは多々あると思います。ファシリテーションをうまく行わないと与件が的確に引き出せない。だからコンサルタントの重要スキルではないかと考えています。

しゃべることが得意な人も、ファシリテートとなるとその技法を習得しないとうまくいかないでしょう。会議の進行役を命ぜられることもあるでしょう。そんな人が短期間にそのコツをつかむ本として有望な一冊が「今すぐできるファシリテーション」です。

ファシリテーターにはいくつかの常套句があります。それを場面ごとに分類してあるのでアンチョコとしても役立ちそうです。以下のような場面が想定されています。

1.効果的なチームを作るためのフレーズ
2.多様な意見を引き出すためのフレーズ
3.論点を整理して絞り込むためのフレーズ
4.皆が納得する結論をまとめるためのフレーズ
5.ピンチに役立つとっておきのフレーズ

口述試験を通過して、次に駒を進めることができた方々にもぜひ読んでいただきたい本です。
posted by orataki at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。