head.jpg

2011年01月15日

2011年1月度のIT.経営研究会

mention.jpg

今日はIT.経営研究会に顔出ししてまいりました。まずは恒例のアンケートから。

1)ソーシャルグラフ

ソーシャルグラフは一般に、人やもの同士のつながりのこと。身近な例では、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)のアカウント同士の結び付きが挙げられる。mixiの「マイミクシィ」やFacebookの「友達」といった関係がソーシャルグラフの代表例といえる。ソーシャルグラフは比較的新しい概念なので、定義が決まっていない。上に挙げたような広義のソーシャルグラフには、「ニコニコ動画」での動画を中心にしたコメントのやりとり、ニコニコ市場での商品の紹介などが含まれる。「モバゲータウン」のように、ユーザー同士が協力するソーシャルゲームにも広義のソーシャルグラフがある。(ITProより引用)

上の図は私のMentionmap。ソーシャルグラフが可視化された一例です。誰と仲良くコミュニケーションしているかがわかるので少し怖いくらい。

2)水平パーテーション

説明が難しいので省略。例としてはAmazonなどがトランザクションを複数に分けて保管する場合、正規化して持たせるのではなくレコード単位で持たせるようなイメージらしいです。

3)ドライブ・バイ・ダウンロード

Webブラウザを通じてウイルスなどの不正プログラムをコンピュータに呼び込ませる攻撃手法。コンピュータのOSやアプリケーションなどに存在する脆弱性を悪用して、不正プログラムの感染や実行を狙う。 国内では2009年に発生した「Gumblar型攻撃」でこの手法が話題になった。Gumblar型攻撃では、まず攻撃者がWebサイトを直接改ざんして外部サイトへのリンクを埋め込む。閲覧者のWebブラウザで改ざんされたWebサイトを表示すると、外部サイトの不正なコンテンツも同時に読み込まれ、マルウェアに感染してしまう。
(SoftBankBB Virtual Summit 2011より引用)

つづいて気になるIT記事です。

1)IPv6の大規模試験「World IPv6 Day」を6/8実施。FacebookやGoogleが参加

IPv4の枯渇が現実味を帯びてきました。その割には自分の周囲では話題になっていません。こういうのを陥穽というのでしょうか。

2)アイフォンアプリ100選

アンドロイドVSアイフォンという「構図のなかで重要な存在がアプリ。皆さんにどんなアプリを使っているか聞いてみました。私は「StarWalk」がオススメ。プラネタリウムとリアルな夜空の合体で心が癒されます。ほかに推奨されたのが「フォースクエア」「GoodReader」などでした。

3)「人事奉行」がトップを走る

BCNからの抜粋。中小企業はやはり奉行シリーズが強いということでしょうか。人事奉行はトップで17%シェアでしたが自社開発が25%もあったのは驚きです。
posted by orataki at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。