head.jpg

2011年02月12日

垢BAN祭りに思うこと

CNetJapanの記事によるとFaceBookのアカウント停止でちょっとした盛り上がりがあるようです。

http://japan.cnet.com/news/business/20426157/

垢BANというのは、その筋に疎い私にはよくわからないのですが、垢はアカウントのことでしょうね。BANは何だろう。それはともかく、Togetterや関連LINKでの論調というのはアカウントは日本ではすでに実名と同化しているのでことさら実名にこだわらずに許容してもよいのではないかというものが多かったように思います。

そして最後には、一応、ルールは実名でということになっているので嫌なら使わなければいいだけのこと。きっと日本には定着しないよ。と捨て台詞的な発言でしめくくられているように思われます。

私が感じたことは彼らは島国根性が抜けていないなということ。日本人がぬくぬく使いやすいようなものだけ乗っかっていればいいという考えでしょう。新しいカルチャーを受け入れるのは嫌ですからね。

しかし、周りを見渡せばいたるところでグローバル化は起きているわけで。中国・インド・FacebookといわれるほどFacebook人口は巨大でグローバルなものです。私が仕事で携わっているIFRSも似たようなもの。会計の日本基準はもは国際標準に合わせなければやっていけないところまできています。

IFRSの世界への迎合度合いは日本は非常に遅い部類でしょう。垢BAN祭りだと騒いでいる国民性がダブって感じられます。積極的に世界標準に合わせていこうと意識を切り替える時代にきているのだと思うのですが。





posted by orataki at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。