head.jpg

2011年02月20日

中小企業診断士のパーソナルブランディング

昨日は中小企業診断協会中央支会ビジネス創造部主催のセミナーに顔出ししてまいりました。テーマは「中小企業診断士のパーソナルブランディング」です。

中小企業診断士は昔から営業が下手といわれています。(もちろん上手な方も多々いらっしゃいますが)独立したら認知度を上げ、刺さるスキルを持ち合わせていなくてはなりません。ではどうやって?

ソーシャルメディアが普及してきた現在においては打つ手はいくつでもあるはず。今回はブログ・ツイッターなどソーシャルメディアを利用した認知度アップのコツや留意点をお話いただきました。

ブログやツイッターはキャラを立たせること、FaceBookはキャラを同化させることと言われます。

・アイコンを変えない
・イメージを統一化する

といった基本的なことはもとより露出を多くして刷り込み効果を狙うことが有効だと再認識しました。講師の方と名刺交換したとき似顔絵名刺を評価いただきました。また、いくつかの改善点もご指摘いただきました。名刺交換のときはフルネームで自己紹介する。これはあすからでも実行できそうな自己アピールですね。
posted by orataki at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | スキルアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。