head.jpg

2006年06月30日

うそつき自己紹介

「ザ・ファシリテーター」を読んだ。主人公・黒澤涼子が開発センターの堅物マネージャーたちを相手に業務改革を行なっていくという物語であるが、ファシリテーターで活用すべきあらゆるツールが場面場面で挿入されていて非常にわかりやすく勉強になる。今、私のやっているコンサルとほぼ似ているので、そのまま真似したいくらいである。

物語で使用されている技法も数多い。「タックマン・モデル」「ジョハリの窓」「ストレッチ・ゴール」「SWOT分析」「スノーフレーク」「期待と課題のマトリクス」「」マインド・マッピング」「アイスブレーク」「プロセス・マッピング」「ゴール・ツリー」「モアorレス」「フォース・フィールド・アナリシス」etc。。。

そのなかでもアイスブレークの「うそつき自己紹介」というのが非常に気に入った。今度、インストラクターやるときは是非やってみたい。自己紹介を箇条書きで記述し、ひとつウソをまぜておく。グループの仲間は自己紹介者の風貌などからウソを見破るという面白いゲームだ。これならすぐ打ち解けるだろう。

ここで私のウソつき自己紹介をする。以下の中からウソをひとつ発見して欲しい。

1)オウム真理教事件の被害者坂本弁護士は私の同窓生である。
2)私は将棋のプロ棋士に勝ったことがある。
3)oratakiというハンドルネームは初恋の人の頭文字をシャッフルしたものである。
4)私の長男君は「サスケ・ジュニア」に出場し最後まで勝ち残った。

正解は。。。。
3)である。ちょっと解説。

・oratakiは次男君のHNをカスタマイズしたもの。
・坂本弁護士は私の卒業記念アルバムにたしかに写っています。
・プロ棋士に2枚落ちだけど勝たせていただいた。
・長男君は私に似て運動神経バツグンです。(笑)
posted by orataki at 23:22| Comment(4) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
少し前の記事で恐縮ですが、TBさせていただきました。
これ、使えますね。本も読んでみたいと思います。
「サスケ」にはびっくりしました。すごいです!
Posted by miki_renge at 2006年07月04日 06:34
** miki_rengeさん
コメントありがとうございます。是非お読みください。できればアフェリエイトで。
Posted by orataki at 2006年07月05日 22:28
Oratakiさん、おはようございます。
「うそつき自己紹介」、これとっても盛り上がります。特に、初顔合わせの会合での効果は抜群です。私の場合は、本当の年齢をみなさん「うそ」と思ってしまうようです。うれしいような、悲しいような・・・
Posted by MSK at 2006年07月16日 05:20
** MSKさん
コメントありがとうございます。もうすでに実践済みなんですね。私も先日、診断士の懇親会で使ってみました。なかなかウケはいいようです。
Posted by orataki at 2006年07月16日 07:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

うそつき自己紹介
Excerpt: oratakiさんにTB。 グループ研修や、ある程度長期にわたる研修において、自己紹介は欠かせない。しかし、前に出て自分について何分か話すだけの自己紹介では、アイスブレイクの要素に欠ける。これま..
Weblog: 働く人々??シブトクつよく明るくいきましょ
Tracked: 2006-07-04 06:31
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。