head.jpg

2005年03月31日

別れの季節

「拝啓 春めいて来ました今日この頃、皆様におかれましては益々お元気でお過ごしの事と存じます。この度三月末日をもちましてABC商事を退職することになりました。いたらぬばりかの私ではございましたが、在職中はひとかたならぬお世話を賜りました事心からお礼申し上げます。本当にありがとうございました。皆様の御健康と御多幸を心よりお祈り申し上げお礼のご挨拶にかえさせていただきます。」

こんなメールが突如舞い込む季節となってきました。(これ、無断引用)来週あたりはお花見でもと思うほど日差しが柔らかくなり、満開テンパイ状態です。一方、ハラハラと散り行く花びらのごとく眼前から遠ざかっていく人がいたりして、ちょっとしんみりとした気分になる複雑な季節でもあります。

私のお客様のプロジェクトからも2名退職される方がいらして、今日挨拶に見えました。一人は転職。もう一人は定年。定年の方はゴルフ・釣り・酒と生き生きとしていらっしゃる。まさに第二の人生。あやかりたい。

二人とも「えー、やめちゃうんですかぁ」という感じの方です。惜しまれながら、後ろ髪を引かれる思いで身を引くお二人に人生の美学を感じます。私もやがてこのような時期は来るはず。少なくとも惜しまれる存在でいたいものです。
posted by orataki at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。