head.jpg

2007年09月10日

これは新しいタイプのコンサル本だ!

senryakupro.jpg戦略プロフェッショナルという本を読みました。著者の三枝匡氏はボストン・コンサルティング・グループの日本国内で現地採用された日本人コンサルタント第一号です。それだけでもめまいがしそうですが、本の内容を読んでさらにクラクラしてきました。「実に面白い」というのが率直な感想です。従来コンサルティングの本は、そのノウハウを事例とともに紹介したり抽象的な学問書だったりで、ストーリー性もリアリティにも欠けたものがほとんどでした。

本書はほとんどの設定を現実に即した物語の形式で紹介しており、その都度利用したコンサルティング技法や戦略の考え方を「戦略ノート」として惜しみなく披露しています。その道の第一人者が実話に基づき書き下ろしたわけですから面白くないわけがないです。

物語は主人公の広川洋一が出向先の医薬品メーカーで営業戦略を打ちたて新製品を拡販していく過程が描かれています。競合他社との優位性、ビジネスパートナーとの連携、戦略的販売目標の立て方、プロダクトライフサイクルによる販売タイミング、営業部隊のモチベーションアップと人心掌握術、など実践的なストーリーが展開されていきます。

知識があるだけ、頭がキレるだけではダメ。そこにパッションがなければ結実しないということが理解できます。読み終わったあと、何か自分も熱い闘いをしてみたくなるような一冊でした。

posted by orataki at 22:09| Comment(2) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ライターは別にいそうだなと思ってしまうのは、やっぱり偏見だろうなぁ。
Posted by kaits at 2007年09月11日 06:33
** kaitsさん
真偽のほどわかりませんが、ライターは同一だと思います。最後に告白していますが主人公のモデルは三枝氏自身だからです。当人でないとかけない内容だと思います。まあ、一度読んでみてご判断ください。
Posted by orataki at 2007年09月11日 22:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

我々の価値
Excerpt: oratakiさんが紹介しているこの本、読んでみようと思います。で、読む前に、い
Weblog: Kaitsのスクラップ・ブロッグ(Scrap Blog)
Tracked: 2007-09-22 08:32

戦略プロフェッショナル 三枝匡著
Excerpt: 毎日のように見る診断士のブログで、「戦略プロフェッショナル」が 4ヶ月前に紹介されて、どんな新しい職業だろうと思いすぐに買いました。 「積読」になってましたが、このお正月にやっと読み終えました。
Weblog: 老中の市井日記
Tracked: 2008-01-15 12:45
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。